屋根裏部屋でホコリをかぶっていた本を引っ張り出して来ました。ちょっと気になった部分だけを取り出して「個人の感想」を書いてます。
[61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20060215/1139972748 @rink

日本テレビ討論番組の収録 所功氏との対決

 今日は日本テレビで、討論番組の収録がありました。これまでテレビにはたくさん出演してきましたが、全てVTR出演でした。ところが、今日初めて討論番組に出演しました。自分にとっては大きな挑戦になります。17日の放送だそうです。番組名は「金曜発言中」スカイパーフェクTV(NN24)。
 いろいろな議論がされ、とても面白い2時間だったのですが、私はひとつ、非常に不愉快な思いをしました。それはいっしょに出演していた京都産業大学の所功教授です。番組収録中、私が「旧皇族の一族の中には一定の覚悟を決めている人が複数いる」と発言すると、所氏は「そのようなことをいうべきではない」と、半ば言論を封じるような発言を浴びせてきました。所氏はそれでもおさまらず、私が本を執筆したことについて「出すべきではなかった」「マイナスばかりだ」などと、本を出したこと自体を強く非難しました。
 2時間の収録中、女系天皇問題について議論が繰り広げられたものの、個人を攻撃するのは、所氏の私に対する攻撃のみでした。所氏のこのような発言には会場もびっくりしたようでした。
 私は所氏の発言について、「自分は歴史の一大事にいても立ってもいられなくなり、火中の栗を拾いにいく決意をして本を出しているのであり、そのようにいわれる筋合いは無い」と、強く反論しました。
 私に言わせれば、所氏の指摘は「大きなお世話」以外のなにものでもありません。寛仁親王殿下がマスコミでご発言なさっていることについて朝日新聞がこれを非難する社説を掲載して話題となりましたが、所氏は朝日新聞と同じような論旨で言論を封じようとしたのです。私もこのような心無い非難があることを予想していましたが、面と向かい合って言われると頭にくるものです。もう一度いいますが、とにかく「大きなお世話」であります。
 所氏は私が本を出したこと自体に違和感を抱いているようです。しかし、それは女系容認派(最近は女系容認派を「朝敵」と呼ぶ人が多くなってきましたが、所氏は、あまり皇室を屈辱する発言を繰り返していると、そのように言われても仕方ないのではないでしょうか。)にとって都合が悪かっただけの話なのではないでしょうか。確かに、日本中からたくさんの読者カードが寄せられ、この本を読んで考え方が変わった(「女系容認」から「女系反対」に変わった)という人が山ほどいました。すくなくとも、所氏などの女系容認派に褒められるような本を書かなかったことにほっとしているところです。
 そうこうしている内に収録は終わったのですが、何故だか、所氏の私に対する攻撃的な姿勢は、控え室に戻った後も続きました。
 所氏は、寛仁親王殿下のエッセイの話を持ち出し、そのエッセイに側室の復活について記されていることを述べて、私に意見を求めました。
 私は「少なくとも現代社会で側室の復活は現実性がありません。ただし、遠い未来においては価値観が変わる可能性はないでしょうか?所先生はこの価値観が300年先まで維持されるという確信がおありなのですか?」と、逆に質問を投げかけた。
 すると所氏は、鬼の首を取ったように「竹田さんは側室を肯定するのですね。分かりました、以降方々で私は、旧皇族の竹田氏が側室を肯定したと口外することにします。」
 この人は私に喧嘩を売ってきたのです。よほど私に個人的な嫌悪感を抱いているのでしょう。その控え室には、出演者6名、司会2名、その他関係者複数がいましたが、場が凍りつきました。
 私はすかさず所氏を強く非難しました。「私は、300年後に価値観が変わっていない確信があるか、ないか、尋ねただけであり、側室を肯定するなどとは一言もいっていない。私の側室に対する考え方は自分の本に記したとおりであり、それ以上でもなければ、それ以下でもない。揚げ足をとっておいて、しかも方々で口外するなどというのは何事か。なんて失礼な言い方をするのだ。」
 私が、所氏の質問に答えずに、逆に質問をしたということを述べると、所氏は「私の質問に答えなさい!」ときた。この人は私に命令するほど偉いのだろうか??私は次のように答えた。「私はあなたの問いに答える義務はないと思う。回答を強要される筋合いはない。」
 周囲は私と所氏との問答に釘付けになっていたのですが、さすがに所氏の横暴な態度と、揚げ足を取る卑怯な論法にうんざりしたのか、出演者の一人、西部邁先生が所氏にこう言いました。「いくらなんでも竹田さんに失礼だ。あなた(所氏)の話はひどすぎる。」周囲のスタッフもびっくりした様子でしたが、その内の一人は「すくなくともこの席の話はオフレコですので、口外するなどは控えてください」二人の助け舟をもらいました。
 その後、西部先生をはじめ、複数の先生と、関係者といっしょに夜遅くまでご一緒させていただきましたが、所氏の話で持ちきりになったのはいうまでもありません。いったいあの方は何なのでしょう?未だに頭の中が混乱しています。
 ところで話は変わりますが、所氏は「寛仁親王を説き伏せた」などと豪語しているといいます。これほど不敬な話はありません。皇室を崇敬している人が聞いたら涙がでるほど、悔しい言い方ではありませんか。氏の発言の節々には、皇室を屈辱するものを感じます。(掲載した写真は所功氏)
 やれやれ
 こんなことでついにカッとなってしまったけど、私もまだまだ子どもです。私個人が侮辱されるだけならいいけども、どうも皇室が侮辱されている気がしてなりませんでした。

----------

以上、明治天皇女系の竹田クンのブログのコピペらしい。
ここで所センセがかつて「女性・女系天皇容認」の立場だったことははっきりした。
日本テレビの討論会「金曜発言中」の中でのことらしいが、2006年2月15日の日記なので、

・有識者会議が「女性・女系容認」の結論を出した
・同年2月6日にはNHKに「狐妃懐妊」のテロ・テロップが流れた

そのすぐ後のことである。

そして、2月21日、皇太子殿下はお誕生日会見で次のような質問に答えておられる。

----------

問5 「皇室典範に関する有識者会議」が最終報告書を提出し,女性・女系天皇を容認する方針が示されました。今後の皇室のあるべき姿に関する考えや敬宮愛子様の将来について,父親としてのお気持ちをお聞かせください。
皇太子殿下
「皇室典範に関する有識者会議」が最終報告書を提出したこと,そしてその内容については,私も承知しています。親としていろいろと考えることもありますが,それ以上の発言は控えたいと思います。皇室のあるべき姿としては,私は,以前から申し上げているように,皇室の伝統を尊重しながら,天皇陛下をお助けしつつ,国民の幸せを願い,国民と苦楽を共にしていくことだと思います。これは時代を超えて存在するものと思います。宮中で行われている祭祀については,私たちは大切なものと考えていますが,雅子が携わるのは,通常の公務が行えるようになってからということになると思います。
愛子には,一人の人間として立派に育ってほしいと思います。名前の通りに,人を愛し,人からも愛される人間に成長してもらえればと願っております。

-----------

所センセは、2006年2月には「女性・女系天皇を容認」だった、これは確か。
で、今は「ユージンサマまでは決まっている」とよく言っている。
朕玉くんが生まれてからは、「女性・女系天皇を容認」のことは言っていない。

まぁ、これはこれで結構。
しかし、今回、反論というより文句を言いたいのは、これである。

>一つ大きな問題が出てくるとしたら、御退位後現在の天皇皇后両陛下だけに敬愛が集まってしまって、国民が即位された新しい天皇皇后両陛下にはまったく敬愛を感じないというようなことが考えられるのでは。

「生前退位」というのは制度の問題である。
だから官邸では、内閣法制局などが入って検討したのである。
敬愛が集まろうが集まるまいが、制度には関係ない。
全然敬愛なんかしていないが、アキヒトさんは厳然たるキンジョーヘーカだ。
人気投票とは違うのである。


もっとも、国民が新しい天皇皇后両陛下に全く敬愛を感じない、なんてことは100%ありえない。
皇太子ご夫妻のお出ましをお迎えする人たちを見ればわかる。
だから心配しないでよろしい。

>お兄様に尊敬の念をこめた行動を示されている秋篠宮殿下に対し、

だれがー?
あれだけ弟を可愛がっておられた兄宮に対し、ひげをはやすようになったアーヤの態度の悪いこと。
愛子さまがお生まれになったのに「おめでとう」も言わないで「女ならうちにもいるから(めずらしくもない)」と言ったのは誰ですかね?

雅子さまが病まれ、図々しい態度を隠すこともない自分の女房をたしなめもせず、どんなことをリョーヘーカからささやかれたのかは知らんが、湯浅宮内庁長官に「第3子を望みます」と公の席で言われ、



 アワ坊ながら男の子がいるということで、次々に特例でうまいことしてもらっているのが今の秋篠宮家でしょうが。

>皇太弟となられる以上に、秋篠宮殿下こそが次期天皇陛下にふさわしいという国民感情が抑えきれなくなり、混乱が起きるのではという懸念があります。

ないない。
海外の要人が来日するたびに、どーでもいい地方公務に飛ばされてるのを、国民が気が付いていないとでもお思いかw

この間、うちの亭主が「鯰の子は病気か何かか?学校へ行ってるのか?」って聞いたぜ。
なんで今さらそんなことを聞くのかと聞いたら、「あの坊主、いつの間にか10歳なんだってな。だのに全然出てこないだろ」だってさw




↑ ほんとにヤツは今何してる?



ま、いいや、とにかくね、言いたいのは、所さんって大学の先生でしょう。
キコさんのオヤジさんと同じで

「学者でございますから~ぁ」

だよね。

しかも京産大の(まがりなりにも)法学部の教授だよ。
それだのに、なぜ、「大問題がある!」というのが、新天皇に敬愛が集まらないかもしれない、になるのだ?

学生に法学を授ける教授が、理論的に問題点を探ることなく、天皇VS皇太子、あるいは皇太子VS秋篠宮の人気投票みたいなことしか言わない、というのはいかがなものか。

官邸が「生前退位」の制度を作ると、退位を強制する場合が出てくることを憂慮し、摂政で対応すると答弁したそうだが、庶民は、官邸からの発表を待つまでもなく、とうに、鯰が以前自身の誕生日会見で言った「天皇定年制」とリンクして、「追い詰めて退位を迫る」場合もありうる、と気が付いていたよ。

学者という立場のくせに、論理的に考えられないのは恥ではないか?

それとも、どうしても、秋篠宮が兄思いで、国民から天皇になることを嘱望されていると書かないとヤバイ立場なんかね?


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
文仁が・・・・・
 東南アジア系の成金に見える
 右足がオカマみたいに曲がってる
 左足が内股でオカマみたいに見える






フィルム ASA 400 2016/07/19(Tue)00:00:45 編集
Re:文仁が・・・・・
> 東南アジア系の成金に見える
> 右足がオカマみたいに曲がってる
> 左足が内股でオカマみたいに見える

これ、朕玉くんが生まれて、病院へ駆けつけた時の写真。
人生で一番しゃっきり野望に満ちていた時w
【2016/07/19 09:22】
目くそ鼻くそ
竹田はね

>最近は女系容認派を「朝敵」と呼ぶ人が多くなってきましたが

とまでいうなら、“明治天皇の玄孫”を名乗るなやと思うのですよ。
誇りを持って男系の出自を名乗ればいいじゃない。

>旧皇族の竹田氏が側室を肯定したと口外することにします

これを本当に言ったのなら、やはり所某は似非認定だなあ。

結局この人って何かの信念があるわけではなく、時流に乗っている(つもり)だけなんじゃないですか。
そんな人がなぜ皇室の問題で呼ばれるのかは知りませんけど。

旧皇族復帰よりは女系・女帝のほうが国民に受け入れられるだろうからそっち。
あのタイミングで男子を作ったということは何らかの意図があるんだろうから、そっちって。

>フィルム ASA 400さま

奴はしゃべりもカマです。
昔からイキがってるくせに、いざ喋らせるとカマでした。
しらたま 2016/07/19(Tue)08:52:35 編集
所先生ばかりでなくみどり帽子は本を出す
英国王室に関する本です。最近、主に、君塚先生とか黒岩徹さんが英国王室に関するコメンテイターになりつつあるので、それに対抗する意図があるんでしょう。
君塚先生は日英協会会員であるし、黒岩徹さんは英国から勲章授与されていますからね。

以下がみどり帽子が出版する本。
http://www.shufu.co.jp/books/detail/978-4-391-14869-5
ウィルヘルミナ 2016/07/19(Tue)11:01:19 編集
益々酷くなる
所さんの今回の発言は次代の天皇陛下を完全に侮辱している。
竹田君の比でない酷さだし捏造と嘘のオンパレードだと思います。
変節どころか雇い主の言いなりに発言してるよう。
困ったことに或は意図的になのかもしれませんが今回の件で所さんは随分色々なところに出ずっぱりで嘘をばらまいてるのが気になります。
皇太弟が既定路線のように、決まったことのように言ってるのに猛烈に腹が立ちますがいやあな感じがしてます。
ただヨシリンとの雑誌の対談ではオフレコで正直な話を色々して面白かったとブログに書いてありました。

今回の退位の件皇太弟を周知させるために起こしたかのよう。
ともかくこれをやるなら旧皇族に復帰して頂くのですかね、これはセットですからね。

下世話な話ですが男系に拘れば膨大な税金が必要と思いますが良いんですかね。
2006年の典範改正案はそのことを踏まえての法案だと言われてます、あれしかないんですよ、皇室の安定的な継承それどころか末長い天皇制維持のためには。
真面目な検討をやって欲しいと思います。
brubru 2016/07/19(Tue)11:45:17 編集
帝王学
話はちょっと横にそれますが。
この時の皇太子さんの発言、本当にすごい。一人娘の行く末について、男親の悩みなんて尽きないと思うのに、こんなに律してる。

皇太子さんの発言て、どんな時も素晴らしいと思うんですよね。記者に煽られようが誘導されようが、私情なく法には触れず、ただ淡々としてる。尊敬する。強い。

帝王学ってどんなもんか知らないし、時代によっても変わるんだろうなぁとは思うけど、
現代の帝王学って、特にこういう我が国には、どんな勢力にも利用されないよう私利私欲は一切出さないことが第一義だと思う。

アーヤなんてとんでもなく、今上も全く出来てない、そんな奴等の帝王学を受け継ぐ悠仁くん?聞いて呆れる。なんの価値もないどころか、いるだけで国がどこかに傾く。
KAONASHI 2016/07/19(Tue)14:22:48 編集
Re:帝王学
>話はちょっと横にそれますが。
>この時の皇太子さんの発言、本当にすごい。一人娘の行く末について、男親の悩みなんて尽きないと思うのに、こんなに律してる。
>
>皇太子さんの発言て、どんな時も素晴らしいと思うんですよね。記者に煽られようが誘導されようが、私情なく法には触れず、ただ淡々としてる。尊敬する。強い。
>
>帝王学ってどんなもんか知らないし、時代によっても変わるんだろうなぁとは思うけど、
>現代の帝王学って、特にこういう我が国には、どんな勢力にも利用されないよう私利私欲は一切出さないことが第一義だと思う。
>
>アーヤなんてとんでもなく、今上も全く出来てない、そんな奴等の帝王学を受け継ぐ悠仁くん?聞いて呆れる。なんの価値もないどころか、いるだけで国がどこかに傾く。


わぁぁぁぁ、まさにまさにその通り、私もホントにそう思います。

記者たちは「何にも話してくれない」くらいに思ってそうですが。
でも、ホントにお言葉は深いです。
ちゃんとお心のうちを話しておられて、過不足なく、ホントにすごいと思う。

スーパーウーマンだった雅子さまが惚れただけあると思います!
【2016/07/19 14:32】
Re:帝王学
KAONASHI 様


同意です。賛同させていただきます!

「天皇は政治に関与してはならない」というのは「天皇の言動によって政府が動くような事があってはならない」という事なんですよね。

でも皇太子殿下は、
>「私情なく法には触れず、ただ淡々としてる。」
だけでなく、誰も、何も、攻めたりなどされない。
皇太子殿下こそ無私の天皇だと思います。


>アーヤなんてとんでもなく、
>今上も全く出来てない、

けっこう? やはり? 多々あるので詳しくは書きませんが、私もそう思います。


>なんの価値もない

だから「引退したい? どうぞ」が90%になったのだと思います。
見限っている日本国民の割合が、その数字になったのでしょう。
ガーネット 2016/07/19(Tue)15:04:28 編集
最新コメント
[02/17 ルイヴィトンバッグ]
[02/17 手白香]
[02/13 のなめです。]
[02/10 手白香]
[02/07 のなめです。]
[02/06 ブルーサファイア]
[02/03 手白香]
[02/03 手白香]
[01/24 カモマイル]
[01/24 しらたま]
[01/22 射手座]
[01/22 カモマイル]
[01/22 まゆ玉]
[01/22 しらたま]
[01/22 のなめです。]
[01/21 大和三山]
[01/21 手白香]
[01/21 しらたま]
[01/21 カモマイル]
[01/19 一庶民]
[01/19 まご]
[01/19 ブルーサファイア]
[01/18 射手座]
[01/18 大和三山]
[01/18 三田村金魚]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
プロフィール
HN:
Mrs Oakley Fisher
性別:
非公開
自己紹介:
「Mrs Oakley Fisher の 台所」の筆頭(あら、えらそうw)管理人が、枕代わりにしている本の感想文を置いています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/14)
(11/14)
(11/19)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(05/20)
(05/20)
(05/20)
(07/25)
(07/25)
(07/25)
(05/01)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
忍者カウンター
バーコード