屋根裏部屋でホコリをかぶっていた本を引っ張り出して来ました。ちょっと気になった部分だけを取り出して「個人の感想」を書いてます。
[1548]  [1528]  [1547]  [1546]  [1545]  [1544]  [1543]  [1542]  [1541]  [1540]  [1539
 

大木さんの記事です。

全文はこちら

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191209-00068992-gendaibiz-soci&p=1


この犬かな、みよちゃんw

名前を呼ばれて張り切って歩き出したようです。
  










大木記者の「皇室番 黒革の手帖」を読んだんだけど、現代ビジネスに書かれた文章とずいぶん違うので、この人も騙されていた口かなー、あるいは宮内庁報道が定型化されていたので、ダラーっと書いていた口かなーとも思いました。

たとえば、最初に10年前雅子さまと敬宮さまの自然な会話を聞いた、と書かれているのですが、もう雅子さまバッシングは始まっていたのに、おかしいと思わなかったのか?と腹がたちましたけど、まぁ、日々仕事に忙しかったので、あんまり気にしていなかったんでしょうね。

2018年に本を出すことになって、慌てて雅子さまのご病状を調べたかな?と思いました。

「皇室番黒革の手帖」の参考文献がこれです。

  

事典・辞典以外は、ちょっと詳しいもので新書、後は読み本、こりゃチョイスする本が悪いワイと思いましたw
まぁ、平成4Gの天下でしたからね、宣伝部隊ばかり多くって、本当のことを書ける人はいなかった。
法律の専門家なり、歴史の専門家なり、医学の専門家なり、きちんとした検証の本を書けというわけではない、デタラメな本が出ていることに意見の一つも言いやがれ、と思ったのですが。

田中卓先生だけですよ、万世一系男子で繋いでいたというウソに怒ったのは。
「愛子さまが将来の天皇陛下ではいけませんか  女性皇太子の誕生」
史実に基づいて反論されたので、現代では「女系天皇」の項目はちょっと甘いですが、歴史学者なので仕方がない、でもアワ坊は生まれていたしね、もしかしたらちょっと××だけど、ごゆっくりさんなだけかもしれん、と期待値は今よりあったと思うよ。

まぁ、4Gまだ生きてますしね、マコカコは年くえばくうほど皇室にしがみつくだろうし、ネットや思いも寄らぬ媒体でもって、巧妙な印象操作はなくならないと思います。



ネットはすぐ姿を消すので、記者さんは本音を書きやすいかな?

これからも気をつけていきましょう。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
大木記者の記事の中に
10年くらい前に、「東宮応援サイト」で自分の記事が引用されているのを発見した、と書かれています。
それを見て嬉しくなった、とも。

この「東宮応援サイト」はもしかして台所かな?

まあ、大木氏のこの記事で全く個人のサイトも記者も注目している、と公に書いた事で、台所その他の「東宮応援サイト」も長年に渡って、記者その他から観察の対象だったことは証明されましたね。
宮内庁の職員も閲覧してるんでしょうね。
ウィルヘルミナ 2019/12/10(Tue)15:34:08 編集
Re:大木記者の記事の中に
>10年くらい前に、「東宮応援サイト」で自分の記事が引用されているのを発見した、と書かれています。
>それを見て嬉しくなった、とも。
>
>この「東宮応援サイト」はもしかして台所かな?

西田さんのブログじゃないでしょうか?
【2019/12/11 15:58】
無題
私も田中卓著「愛子さまが将来の天皇ではいけませんか 女性皇太子の誕生」を購入して拝読しました。
元皇学院大学学長で、古代史家、国文学者ですね。
残念ながら2018年に逝去されています。
男系男子に固執している学者、皇室評論家と称している方を真っ向こうから批判していた貴重な方で、ご存命なら本当に良かったのにとても残念でなりません。

万系一世、男系男子に固執している方を日本の古代史から勉強するよう勧めていた方です。
皇位継承問題審議は秋篠宮の「皇嗣の礼」の後に審議すると先延ばししていますが、日本会議、安倍晋三首相率いる男系に固執している面々、何よりも皇室に対して上から目線の安倍首相は、一番たちが悪い!
「桜を見る会」参加者人選問題で、名簿焼却しただのとのらりくらり、任期終了前に退陣して欲しい。
日本国家を私物化、森加計問題も前皇后の身内が理事を務めているため、これもうやむや逃げの一手、長寿政権の闇の割には何一つ成果を挙げていないアメリカトランプ大統領の「ゴマスリ」ばかりで、日本にとって何一つ良い事がない。
退陣したら一気に女性天皇、女系天皇は成立すると思っています。

田中卓先生、天国から愛子さまを女性天皇になるようお願いします。
ブルーサファイア 2019/12/10(Tue)19:38:03 編集
本日配信の現代ビジネスの記事・・・
これを読み始めたとき、私はてっきり、河西秀哉か原武史が書いたモノだと思いました。
特に、下記に引用した後半~〆に至る部分など、今上陛下に対してやたらとビデオメッセージを強要するような奴らの書きぶりそのもの、と感じたのですが・・・。

----------

なぜ天皇はコロナ禍にビデオメッセージを発しないのか、皇室記者の考え
5/13(水) 7:40配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/d0a764c1fe16feb2dfa2e506492bc342f2849c95

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72544

>何もかも平成流を受け継ぐ必要などどこにもありませんし、第一、今「弱い者」であるコロナウイルス感染者には、寄り添って手を取るどころか近づくこともできないのが現状です。

>だからこそのビデオメッセージではないでしょうか。遠隔の地にいても、物理的には離れていても、直接「国民の中に」訴え、呼び掛け、「共にいる」手段はあるのです。

>なぜそれを使わないのか、そう考えるとき、私の頭には「内閣への忖度」という言葉が浮かびます。もちろん天皇は内閣の助言と承認によって行動するのですから内閣の意思と歩調を合わせるのは当然といえば当然のことです。

>それなのに、国民世論に巨大な影響力を及ぼすとみられる「天皇のビデオメッセージ」が現実になれば、比較として政府のコロナ対策、特に「アベノマスク」に象徴される「失政のイメージ」や「負の側面」を強調してしまうことになるのではないか。時の政権の評価を天皇自身が左右してしまうのではないか。

>陛下はそんなことを考えているのかもしれません。だとすればもっともなことではあります。ですが、冒頭で書いたように、「政治的権能」と無関係な部分で言葉を発することは可能なはずです。国民は待っているのではないでしょうか。

>令和も2年目に入りましたが、まだまだ陛下を「新天皇」と感じ、平成とは違う何かを期待する人々の気持ちは強いと思います。その直接の言葉を私は聞いてみたいですし、平成との差異化の一つが「メッセージを発しないこと」「行動しないこと」であるのは、決して望ましくないと思っています。

----------

最後に書いてあった筆者名にビックリ。
共同通信編集委員の、あの大木賢一記者でした。
(なお、現代ビジネスのオリジナル記事では、最初に名前が出ています)

この人も結局、単なる"アベガー"の方だったのか?
確かに、現政権に問題が山積しているのは事実。
でも、新型コロナウイルス蔓延下の現在、ビデオメッセージこそ出されなくとも、今上陛下がご自分のできる範囲で色々となさっていることは、数少ない報道からも伝わってきますよね。

御代替わり後も、左派系やリベラル系とされるメディアがやたらと、「前天皇のやり方こそスタンダード」みたいな刷り込みを狙った記事を書きまくった。
そうしたマスゴミ連中は何かと、ジョーコーご夫妻は安倍政権と距離を置いていただの、今上陛下は親安倍政権だのと、勝手に決めつけていましたっけ。
総理から天皇への「内奏」などヘーセー時代だって普通に行われていたのに、まるで令和に御代替わりしてから頻繁に行われるようになったかのようなデタラメを書いていた記者もいたし(怒)

そもそも、前天皇夫妻が反アベだって?
2006年の皇室典範改正案潰しの時は、当時官房長官だった安倍チャンとタッグを組んでいたクセに。
(国民の記憶力を舐めるな・・・怒)

この記事についた一般の方々によるヤフコメのほうが、遙かに冷静です。

昨年の11月と12月の二度にわたって現代ビジネスで大木氏の記事を拝読したときは、ようやくヘーセー時代への忖度から解放された記者が出てきた、と嬉しかったのですけど、今回の記事を読んで、今後の大木氏の皇室報道の方向性にはあまり期待できないかも?と考え直しました。
(まあ、今後も記事がアップされれば読むだけは読みますけど)
手白香 2020/05/13(Wed)12:56:40 編集
最新コメント
[06/17 しらたま]
[06/17 のなめです。]
[06/16 ブルーサファイア]
[06/14 ^_^]
[06/14 のなめです。]
[06/12 brubru]
[06/09 匿名希望]
[06/08 なな]
[06/08 手白香]
[06/06 匿名希望]
[06/05 りん]
[06/05 ペリドット]
[06/05 ペリドット]
[06/05 偽物ブランド時計]
[06/04 射手座]
[06/04 腕時計ショップ]
[06/01 手白香]
[06/01 しらたま]
[06/01 手白香]
[05/29 手白香]
[05/28 手白香]
[05/27 手白香]
[05/27 手白香]
[05/27 手白香]
[05/27 射手座]
最新記事
(05/29)
(05/27)
(05/27)
(05/24)
(05/11)
(05/01)
(02/23)
(01/21)
(01/20)
(01/17)
(01/14)
(01/02)
(01/01)
(12/31)
(12/17)
(12/14)
(12/14)
(12/10)
(12/09)
(12/08)
(12/05)
(12/01)
(11/30)
(11/30)
(11/30)
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
Mrs Oakley Fisher
性別:
非公開
自己紹介:
「Mrs Oakley Fisher の 台所」の筆頭(あら、えらそうw)管理人が、枕代わりにしている本の感想文を置いています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/14)
(11/14)
(11/19)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(05/20)
(05/20)
(05/20)
(07/25)
(07/25)
(07/25)
(05/01)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
忍者カウンター
バーコード