屋根裏部屋でホコリをかぶっていた本を引っ張り出して来ました。ちょっと気になった部分だけを取り出して「個人の感想」を書いてます。
[1476]  [1475]  [1474]  [1473]  [1472]  [1471]  [1470]  [1469]  [1468]  [1467]  [1466
田辺聖子さんが亡くなりました。

昔、この人の本をあさって読んでいました。
最後は「花衣ぬぐやまつわる」、俳人杉田久女の苦闘を書いたものです。
久女の俳句は前から好きでしたので、真実を知るには、聖子さんの本では生ぬるすぎると思い、久女研究のわずかな本を探し求めて読みふけっているうちに、いつのまにか、聖子さんから遠ざかっていました。

巨星高浜虚子が、我が子に俳句界における自分の地位を継がせたいと思い、久女の才能が邪魔になっていく、現実に皇后という権威(時に大きな権力も伴う)をその手にしているにも関わらず、皇太子妃雅子さまのお持ちの未来を叩き潰さずにはいられないミテコサマの嫉妬にかぶりました。

久女は、虚子の弟子たちによって「精神病」のレッテルを貼られ、俳界から忘れられていきます。
病名は統合失調症、当時は精神分裂病と言って、かなりの偏見を持たれていました。
久女も精神病院に収容され、やがてそこで餓死するんですよね。
戦争中、入院患者たちにまで食料は充分行き届かなかった、本当にお気の毒な人生でした。

後に、久女の本当の病名は「橋本病」ではなかったかとカルテその他から断言した医師もおられます。

---------


ところで、今日の「鶴瓶の家族に乾杯」、ゲストはデビではなかったですか。

こいつも、絶対許せない「ろくでなしたち」の一人です。

うっかり見てしまわないように、台所で梅ジャム煮ています。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私も見ませんでした
>今日の鶴瓶の家族に乾杯、
ゲストはデビではなかったですか

>こいつも、絶対許せない「ろくでなしたち」の一人です。


私も見ませんでした。

あの当時ですから、
コパカバーナとやらで働いて、
第三とはいえ正式な夫人となるために、
日本国籍を放棄して、
ムスリムとなり、
メッカ巡礼した根性は認めましょう。

でも、それとこれとは別です。

あんな女を画面越しとはいえ見たら、
自分の目が穢れます。

私も見ませんでした。


不適切なコメントだと判断されたなら、
削除してください。


ガーネット 2019/06/10(Mon)20:11:45 編集
聖子さん
1、杉田久女の話、この5年前くらいにNHKの番組で見た事があります。

2、池田理代子さんの「ベルサイユのばら」の文庫本か愛蔵版に、田辺聖子さんが解説を書かれてましたね。
印象的な解説でした。
ウィルヘルミナ 2019/06/10(Mon)20:17:00 編集
私も、被弾しないようにしました
母が「家族に乾杯」を毎週見ているので、私は7時半までに洗い物を全て終えて、2階の自室に逃げ込みました。

あの人、最近になって、ブログの過去の問題記事(廃太子署名の呼びかけ)を削除したという噂がありますが、それでも許せません。


さて、杉田久女ですが。
かなり以前に、故・樹木希林さん主演のドラマを見た記憶がおぼろげにあります。
手白香 2019/06/10(Mon)21:02:44 編集
醜ともならず。
戦前の女性に最も不要なものは、芸術的才能でしたものね。
虚子の周辺の人々がなにもせずとも、
他の誰かが杉田久女の弱い繊細な部分を攻撃したと思います。
醜となって、どっぷり浸かってしまえなかった悲劇かなあ。
私の知るところ久女は「精神分裂症」。
適応障害でも血が逆流する症状でもないようです。

私はうちも近い富田木歩が好きです。
射手座 2019/06/10(Mon)21:18:23 編集
Re:醜ともならず。
>戦前の女性に最も不要なものは、芸術的才能でしたものね。
>虚子の周辺の人々がなにもせずとも、
>他の誰かが杉田久女の弱い繊細な部分を攻撃したと思います。
>醜となって、どっぷり浸かってしまえなかった悲劇かなあ。
>私の知るところ久女は「精神分裂症」。
>適応障害でも血が逆流する症状でもないようです。

「ノラともならず」か「醜ともならず」か?
イプセンの人形の家の主人公ノラを例えているが、当時世間を騒がせた柳原白蓮を彷彿をさせるから全集として出す時に変えたとも言われています。

久女は、中学教師の大人しい夫を馬鹿にし、激しい名誉欲を持ち、名をあげている同級生や女流俳人を執拗にライバル視し、と男尊女卑の世の中で勝手に人物像を作り上げられていった悲劇の人。
松本清張も、エキセントリックな久女像を小説に仕立てて、俳句とは何の関係もない関心もない世の中に、虚像の方をばらまいた。

雅子さまを知りもしないくせに(むしろ知りたくなかった?)日本を知らないアメリカ女と決めつけたジャーナリストたちの何と多かったことか。
そいつらが、雅子さまが弱られたと知ると一斉に牙をむいた。
小和田の両親の教育の仕方にケチをつけた評論家もいた。

いつの時代もジャーナリズムにはクズが多すぎます。
【2019/06/11 00:24】
また一人…
偉大な方が召されましたね。

田辺聖子さん作品、何を読んだか覚えていないのですが、
解釈が富んでるな‼と思いました。

デビル夫人は、その名前の如く地獄の使者‼

障らぬが如しです。
大和三山 2019/06/10(Mon)23:52:55 編集
谺して。
「谺して 山ほととぎす 欲しいまま」
この句、くどいって言う人もいるのね。
「谺」と「ほととぎす」が重なるって。
でも、久女は「細かいこと」を気にかけなかった。豪胆でスケールの大きな句。
あと百年遅く生まれてくればよかったのに。

・・・私の好きな木歩の句。
「少年が 犬に笛聞かせをる 月夜」
「真夜中に 人形泣かす ひとつずつ」
自分の繊細さを、これまた隠さぬ人でした。
射手座 2019/06/11(Tue)02:58:19 編集
昔 一時期 田辺聖子さんの本ばかり読んでいた時がありました

印象に残っているのは 『 女の日時計 』という本です。
ホテルで田辺聖子さん出席の古典を読む会、があったのですが、一杯で参加できなかったのが残念。
金木犀 2019/06/11(Tue)07:53:20 編集
白内障の手術
スレチで申し訳ございません。


美智子お祖母さんが白内障の手術を受けるとか何とか。

【白内障の進み具合によるでしょうが】


白内障の手術を受けるなら、
後期高齢者なので1泊2日。

両目同時に手術しないのであれば、
約1週間後に片目を手術します。

術後は数時間おきに、
数種類の点眼剤をします。

術後経過が良ければ、
数日おきに検査します。

それが、
1週間後の検査になり、
それが数か月ほど続き。

2週間後・・・以下同文
3週間後・・・以下同文
4週間後・・・以下同文

となります。

その間、毎日、
1日に何回か点眼剤をさします。

外出時には紫外線防止のグラス必須です。

もし美智子お祖母さんが白内障の手術を受けるなら、
はっきり申し上げて、
当面あちこち遊びまわる暇は無くなるでしょう。

上皇后陛下なので、
「眼科医と看護師を同伴させて国内旅行する」
と希望するのなら話が変わってきますが。

白内障の手術を受ければ、
美智子お祖母さんだけでなく、
御神酒徳利のような明仁お祖父さんの影響力は激減すると思われます。

激減ではなく消滅するかも。

あくまでも
【白内障の進み具合によるでしょうが】
白内障の手術を受けるとすれば、
術後に、
どのような行動をするかによって、
「美智子お祖母さんとは、本当は、どのような人間なのか」
が明らかになるような気がします。

ガーネット 2019/06/11(Tue)14:02:56 編集
Re:白内障の手術
目やみ女が色っぽく見えるからと、眼帯してコームした昔と違い、さすがのミテコサマも白内障手術の後の、あのごつい眼鏡姿をさらしたくはないでしょうよ。

だから心臓が悪かろうが、よく見えなかろうが、先に行けるところへは行っておくんじゃないの?

京都行きも慌てているようだしw

この調子ではやっぱり100年は生きるわね・・・丈夫・・
【2019/06/11 23:21】
無題。
百年なんてゆかない。
でも九十は、ゆくかも。
それで充分。
射手座 2019/06/12(Wed)10:35:02 編集
祖父がやっていました。
ずいぶん前ですが祖父が保護眼鏡していました。
掛けているというより装着しているというようなものでした。
でも美智子さんのことですから、ビニ傘を特注させたように自分のためだけにおしゃれなものを作らせると思います。
と言うか、手術着、部屋着、保護眼鏡、全て特注させてそれらができあがったので手術に踏み切られたのではないでしょうか?

本当に切実ならもっと早くに手術をしていると思うのです。
ハッキリ見えるそうですからね。
美智子さんのポン友の曾野綾子が昔書いてました。
美智子さんは言うほど本は読まなかった人だと思いました。
フレッシュバジル 2019/06/12(Wed)13:51:04 編集
最新コメント
[06/17 しらたま]
[06/17 のなめです。]
[06/16 ブルーサファイア]
[06/14 ^_^]
[06/14 のなめです。]
[06/12 brubru]
[06/09 匿名希望]
[06/08 なな]
[06/08 手白香]
[06/06 匿名希望]
[06/05 りん]
[06/05 ペリドット]
[06/05 ペリドット]
[06/05 偽物ブランド時計]
[06/04 射手座]
[06/04 腕時計ショップ]
[06/01 手白香]
[06/01 しらたま]
[06/01 手白香]
[05/29 手白香]
[05/28 手白香]
[05/27 手白香]
[05/27 手白香]
[05/27 手白香]
[05/27 射手座]
最新記事
(05/29)
(05/27)
(05/27)
(05/24)
(05/11)
(05/01)
(02/23)
(01/21)
(01/20)
(01/17)
(01/14)
(01/02)
(01/01)
(12/31)
(12/17)
(12/14)
(12/14)
(12/10)
(12/09)
(12/08)
(12/05)
(12/01)
(11/30)
(11/30)
(11/30)
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
Mrs Oakley Fisher
性別:
非公開
自己紹介:
「Mrs Oakley Fisher の 台所」の筆頭(あら、えらそうw)管理人が、枕代わりにしている本の感想文を置いています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/14)
(11/14)
(11/19)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(05/20)
(05/20)
(05/20)
(07/25)
(07/25)
(07/25)
(05/01)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
忍者カウンター
バーコード