屋根裏部屋でホコリをかぶっていた本を引っ張り出して来ました。ちょっと気になった部分だけを取り出して「個人の感想」を書いてます。
[1370]  [1369]  [1368]  [1367]  [1366]  [1364]  [1363]  [1362]  [1361]  [1360]  [1359

へっへ、週刊現代のヒワイ記事、誰も買ってまで読んでくれないものだから、たたき売りでネットに出してきましたねw

皇太子ご一家、特に雅子さまに対するネガティブキャンペーンは、選んでネットに出すようにしてるんだよね、アキヒト&ミテコ+アキシノ一家アゲアゲ連中はw

今更否定しても遅い。

大きなハンディを抱えているのは、皇位継承券が2枚ある!と多くの予算を分捕っていたアキシノ一家だし、惚けたヘーカを押しつけられて生きていかねばならない、体だけは頑丈なばーさん。

「皇室の風」って、結局ヒワイの「オレってすごいんだよ、ただの皇室記者じゃないんだぜ」の自画自賛(オナ本:すみません)の塊でっせ。

まだ上げてなかった「選択6月号」なるべく早く書庫にあげます。
リョーヘーカにお仕えする侍従長なんかより、オレの方が、ずっとグローバルな視点でもって、皇室のことを心配してますぜ、満載の気持ち悪い本です。
頭へ来て、ちょっと急ぎました。

http://garret.anime-life.com/Entry/1365/ @rink

選択5月号の次のページにアップしました。

ろくに覚えていないので申し訳ないのですが、大嘗祭を簡素にしろというのは、もうヒワイが「選択4月号」で書いてますね。

ベン・ヒルズ宛に「涙の反論書」を送った渡辺侍従長が、「長年皇室記者をやってきた者が〝事実誤認が多い〟と言っている」というのを理由にしていましたが、ヒワイは相変わらず陰でアホのアーヤ(を通じてアキヒトさんも)のサポート、or 言葉は悪いですが操っているのかもしれないですね。

しかし、ヒワイなんか、言うほど「天皇制」や「憲法」を勉強してませんぜ。
新聞記者だから、それなりに賢げに書いてはいますがね、wikiから拾って適当に書いてるだけの安易な野郎という感想です。
5ちゃんねらーの方がよっぽど勉強したヤツがいる(クズも多いけど)。

--------

簡単には分からない皇室の世界


―岩井克己さんは朝日新聞で、30年以上にわたり皇室取材を続けてこられました。

社会部で都庁を担当していたら、「2年ほど」と宮内庁担当を命じられた。両陛下(当時の皇太子ご夫妻)の韓国訪問中止、昭和天皇の闘病の報道に始まり、気がつけば昭和、平成とずっと皇室担当ですね。定年後も嘱託としてウォッチし続けています。


―取材の「余話」を、コラムとして雑誌『選択』で連載し、それをまとめたのが本書です。この30年が、日本の歴史においていかなる時代であったのか、社会の変動と皇室がどうかかわってきたのか、新元号のもと、皇室と日本はどうなっていくのかを展望しています。

皇室取材は制約だらけです。そんななかで、天皇・皇后の側は、これをどう見ているのか、どう感じるのかとか、どうしてこういう行動が出てくるのか、その「心」を一生懸命推し測る30年間でした。
分かりやすい図式で皇室を自信たっぷりに論じる人も多いですが、長年近くで見続けてきた私からすると、とても図式化できるほど生やさしい道のりではない。「精密機械」の奥の奥まで分け入らないと、皇室は分からないんです。だから、宮中で目にしたもの、耳にしたもの、感じ取ったものは書き残しておくべきだと考えたのが拙著の『皇室の風』本です。
想定した読者の第一は天皇・皇后、第二が皇太子ご夫妻ら皇族方で、第三が宮内庁記者クラブの後輩記者たち。第四が宮内庁の役人たち―くらいのつもりで書いてきました。一般の方々に読んでいただければ嬉しいですね。


―合計117本のコラムのテーマは縦横無尽で、譲位や女性天皇の問題についても踏み込んでいます。新元号のもと、新しい象徴天皇制がどうなっていくのか、問題提起もされていますね。


昭和の象徴天皇制と、平成の象徴天皇制は、まったく違うものです。次の代の象徴天皇も、平成のような形はおそらくとらないでしょうし、とれないでしょう。象徴天皇制の位置付けも、代替わりすれば、次の世代、その次の世代へと流動化していくはずです。
今の天皇・皇后は、戦前の帝国憲法時代の天皇制の反省を踏まえ、膨大な犠牲を生んだ戦争は絶対にあってはならないと考えてこられた。しかし戦争を知らない世代に、これをどう受け継いでいくかが問題です。
雅子妃はいまだに現在の皇室という環境にすら適応できていない状況です。新天皇・皇后が、新しい時代の天皇制の形をどう作っていくかが、まだ見えていない。そこは危惧するところです。


生々しい真相はまだ書けない



―著書の『皇室の風』では、皇太子と雅子さまに対してやや厳しい論調になっているようにも読めました。


家庭問題で重いハンデを抱え、機能不全が続いてきたのは事実です。ネットなどで垣間見える国民の視線も厳しいものがあり、その点は非常にお気の毒ですし、心配です。だから率直に厳しいことも書いてきました。
世代が替われば、天皇観も変わり、国民の誰もがなるほどと納得できるような体制は、すぐにはできない。そこには摩擦も生じます。今の両陛下にも、危機感があるのではないでしょうか。両陛下は、自分たちの代ではできるだけのベストを尽くしたので、その後は次の世代に託すしかないと考えておられるように思います。


―両陛下や皇太子ご夫妻の海外訪問にも同行取材をしておられます。本書でその一端も描かれますが、皇室が外交で果たす役割は大きいですね。

「ソフトパワー」という意味では最強でしょう。大使100人分の働きともいわれますが、いつまでもそれに寄りかかる日本外交と政治の貧しさも感じてきました。戦後70年以上が経過しても、戦争責任について「それをいまだに主張する相手が悪い」といわんばかりの居直りの言説が絶えないでいる。
そうしたなかで、両陛下の海外訪問が融和や和解の観点でクローズアップされたのは大きかったと思います。一歩間違えれば、政治利用につながりますので警戒もしないといけませんが、市民レベルの和解の象徴的な役割を果たしてこられた。


―岩井さんは礼宮さま(現・秋篠宮さま)の婚約をスクープし、紀宮さまの婚約報道では新聞協会賞も受賞。そのスクープの舞台裏も明かされ、手に汗握る展開は、本書の見どころの一つですね。
私は「記者は客観報道の鬼」と思いながら記事を書いてきたつもりです。現役時代は年がら年中、九分九厘取れるはずのない「真相」を、必死になって探るような年月でした。時には社説と反することも書きましたし、記者生命が終わるかなと思ったことも一度や二度ではありません。
「手に汗握る」といわれましたが、実は本当に七転八倒した内容については、書けないんですよ。昭和天皇の病気から崩御、そして皇太子妃問題や人格否定発言などの生々しい「真相」については、書けるだけの年月が経っていない。


―話せない、書けないことだらけの記者人生から見た、皇室とはどんなものだったのでしょう。

皇室は謎のミラーボールのようなものです。いろんな角度から照らさなければ光ってくれない。それが時と共に曇っていったり剥がれ落ちたり、まばゆく輝いたり、いかがかと思われる側面を覗かせたり……。
その一つ一つの側面を書くことによって、いつの間にかジグソーパズルのように一つの輪郭が浮かび上がってくるように思います。この本で「客観報道」の裏の自分の思いが、半分くらいは吐き出せたかなと思っています。(取材・文/安藤健二)


----------


自分の思いでヘーキで「皇統」をゆがめるようなことをしてきたのが岩井克己、おまえさんだよ。

今更、善人ヅラするんじゃねぇ!
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ちゃんと昭和帝の事を書け!
なすりつけるのはやめなさい、岩井。
昭和帝についてはもとより、美智子についても学問的に探究が始まってます。

皇室とマスコミ挙げてのでっち上げでしたね、いや、国家を挙げてと言うべきか。
それがばれるのが皆怖いのでしょう。

正田美智子の出現が、日本の当時の政治状況を象徴するものだったってことです。
昭和天皇が形成した「アメリカの傀儡」としての日本。カトリック世界に助けを求めた皇室。敗戦直後はまだ貧しかったからどうしようもなかったし、30年代はまだその延長にあった。
そして朝日は彼らのお仲間でした。

また経済学者から見ても、正田家についての記述はあまりに嘘が多くて犯罪レベルだと。
みんなちゃんと資料持ってるんだよ。
正田家は主要な資料には殆どでてこない。もちろんちゃんと商売はやってるが、そんなたいしたレベルじゃない。
植民地に出て行って儲けてる資料はあるけどね。

朝日を含めマスコミは、雅子妃の親族情報等を加工して、美智子への疑念を隠した上に、その疑念を雅子妃になすりつけようとしたんだよ。(皇太子もどうかと思うが)

戦後70年のデタラメがばれる、だからみんな彼女をバッシングしてるわけ。
アカヒ新聞なんかじゃないんだよ、こいつの新聞社は。

某研究者曰く、「皇室について、歴史的に大事な問題を発見するのは、皇室ジャーナリストとか皇室周辺で飯食ってる学者なんかじゃなくて、直接には関係ない政治学者や社会学、経済学者の方なんだよ、コイツラ週刊誌に喋って、本を出してもらうだけ。一緒にするな」と。

ここのブログの趣旨とは異なるが、岩井は昭和帝の2重外交についてちゃんと論じたのか?ちゃんと書いてみろよ。
それより大事なことはこの国には何一つないんだよ、何一つ。

皇室記者ってコイツラ何なんだよって、みんな笑ってるよ。
ただひたすら皇室が存続できるように、「歴史の捏造」を請け負う係りなんだな、と。

それから、最近、図書館の閉館とか蔵書を大量廃棄とかいうニュースが相次いでるが、これって皇室絡みじゃないかって結構言われてる。
文書の改ざんや情報提供の制限があるようだ。
これも「続けていくために」ですか?

そして憲法改正も「続けていくため」ですよね?
言論の制限をするために。そうしないとやっていかれないから。

実情がわかると、たぶん朝日新聞社はつぶれます、だから喚き散らしてるんだよ。存在そのものが「詐欺的」ですからね。

もっとも尊敬すべきOBの緒方竹虎も知らぬ間にCIAのエージェントにされてしまっていたことは気の毒でしたね。











よそから失礼 2018/09/15(Sat)19:39:50 編集
Re:ちゃんと昭和帝の事を書け!
岩井克己は、というより今上両陛下とキコさんは、
昭和天皇は「大殺戮戦争」(太平洋戦争のことね)に国民を巻き込んだ張本人なのに、開戦の責任をとらず、終戦の詔も遅れた、アメリカと裏取引をして命ながらえた天皇

その父親の尻拭いのために、慰霊の旅を続けるリョーヘーカはご立派

こういうスタンスですよ。
そして、最終的には、なぜかキコちゃんが好きなので、何とか早いところキコちゃんの野望「皇后」そして「天皇の母」が実現しないかと、あれこれ策士をかってでているようです。

だから「敵」はただ一つ、雅子さまだけです。

大した頭はありません。
【2018/09/15 21:15】
順応なさいますな。
・・・平成の皇室に順応されたら、
めちゃくちゃ困りますがな。
今上は「結核でえ~」と、
外国で遊び過ぎ単位を落として学習院大学を中退。
当時の学習院は昭和天皇の御代で気骨もあったのか。
がっつり中退させましたね。
美智子皇后は今更のように教員免許晒すし、
礼宮に至っては、
「礼宮が選択した講義は、礼宮を落第させないため採点が激アマ。全員単位もらえる」
なんて評判。
そんなサングラスに口髭、18Kブレスレットのチンピラルックの礼宮と、
紀子さんが○○しまくった地図までできた平成。
こんな夫婦にまともな子供ができるわけもなく、
布団でピース&小室圭の婚約者にして英検3級長女、
セクシーダンスの英検4級次女、
揃ってICUに突っ込み、
シャボン玉長男は「無試験で筑波大附属!」
これはどうなるか。
つまり、ズルだらけ、体裁作りの時代が平成。
そんな世の中に、新しい皇后両陛下は順応なさいますな~。
射手座 2018/09/15(Sat)19:57:34 編集
川島紀子妃に…
小判鮫化して貼り付いた、
岩井記者‼

川島紀子妃が一人部屋で鳴いていたのも聴いていた、
岩井記者‼

フカヒレって鮫のヒレだよね‼

小判鮫岩井記者は、
自分のヒレを川島紀子妃に食べさせたの‼

とんな仲よ‼
大和三山 2018/09/15(Sat)20:39:01 編集
岩井克己はキコちゃんからの寵愛を取り戻したいの?
最近のスクープを見れば誰が考えても、
キコとズブズブなのはNHKの橋口和人
だと分かる。

そうゆうスクープは岩井克己ちゃんが乱発するかと思っていたら、
半官半民NHKの橋口和人がスクープした。

だから私は、岩井克己ちゃんはキコの寵愛を失ったと思った。
そうしたら変わらず書いている。

岩井克己ちゃん、必死だな!



妄想ですよ、妄想です。

名無しの妄想屋 2018/09/15(Sat)21:17:37 編集
Re:岩井克己はキコちゃんからの寵愛を取り戻したいの?
>想定した読者の第一は天皇・皇后、第二が皇太子ご夫妻ら皇族方で、第三が宮内庁記者クラブの後輩記者たち。第四が宮内庁の役人たち―くらいのつもりで書いてきました

と書いているから、今のうちに言い訳を書いておかないとヤバイ、と思ったんでないですかw

なんたって、皇太子殿下を「公務より奥さんが大事のようだから、京都へでも引っ込んで、ゆっくり看病したらどうですか?」と山折を使って言わせた黒幕だからさ。

山折は、廃太子の言葉の胡散臭さに驚いた国民が騒いだ後、出てこられなくなってしまった(それはそれでいい気味だけどね)。

キコがミテコ皇后の後をついで、日赤の名誉総裁など、皇后代理の地位につくと、ヒワイも本気で信じていたんじゃないかな?

無知は無知同士、傷なめ合っていけばいいのに、これから少しずつ意見を変えていって、まだこの皇室というジャンルにすくうつもりなのかな?
【2018/09/15 21:53】
喧嘩けしかけ屋。
その昔、女性週刊誌は、
「民間から嫁いだ美しい美智子さま」が、
「皇族華族の婆さんに嫁いびりされる」
この構図で部数を伸ばしたのよね。
結局、イワイノヒキョウモノも、この路線を引き継いで、
「父の尻拭いに慰霊の旅をする今上美智子と、その祈りを受け継ぐ秋篠夫婦」
それに対して、
「公務しないで働かないのに、皇族費と言う給料をただどりしている雅子妃と、雅子妃を庇う腰抜け皇太子と 知障 の愛子さま」
この闘争をマッチポンプで盛り立てて、
週刊誌を売りたいんじゃないの。
東宮ご一家は、相手にもしてないんだけどさ。
つくづくイワイノヒキョウモノはパープリンだよね。エセ左翼の自称左翼の星。
射手座 2018/09/15(Sat)22:02:55 編集
皇室はディスコか
ミラーボールに例えるなんて
さしずめ御紀子さんは、お立ち台でクネクネ踊るボディコン娘
そんなにスタイルは良くないが顕示欲はそっくり
平成は安っぽい俗っぽい、見てくればかり気にする嫌な御代だった。
こんな皇室を踏襲しなくてよい。
愚直で正直で高貴な皇室を取り戻してほしい。
本来はまっすぐ見られないほど輝く太陽の神なのだ。

前のコメ、違うスレにつけました。消せますか?
ヒワイ●ね 2018/09/15(Sat)22:10:17 編集
バブリーだった平成
そういやω君
写真展で泡泡泡と叫び
何歳かの誕生日で意味もなく大きな風船を抱え
平成最後の誕生日にシャボン玉を飛ばした。
「平成は中身のないバブリーな御代でした」
と体を張って表現したのね。
キコさんの野望も泡と消えそう
のなめ 2018/09/15(Sat)22:20:22 編集
読み終わるまでに・・・
何度も怒りで頭が沸騰しそうになった、このヒワイのインタビュー記事。

東宮ご一家を意図的に悪く書いていることを半ば認めながらも、
>私は「記者は客観報道の鬼」と思いながら記事を書いてきたつもりです。

などと、自分自身の報道姿勢すら客観視できない男が平然と発言するとは(呆)

あと、この部分も問題。
皇室外交の役割について問われ、こう答えている。

>「ソフトパワー」という意味では最強でしょう。大使100人分の働きともいわれますが、いつまでもそれに寄りかかる日本外交と政治の貧しさも感じてきました。戦後70年以上が経過しても、戦争責任について「それをいまだに主張する相手が悪い」といわんばかりの居直りの言説が絶えないでいる。
>そうしたなかで、両陛下の海外訪問が融和や和解の観点でクローズアップされたのは大きかったと思います。一歩間違えれば、政治利用につながりますので警戒もしないといけませんが、市民レベルの和解の象徴的な役割を果たしてこられた。

ヒワイの解説とは裏腹に、とっくに政治利用につながっていると思いますが。
(特に、天安門事件の記憶がまだ生々しい時期、両ヘーカの「強いご希望」で訪中が実現したこと。当時西側主要国から距離を置かれていた中国にとっては、今上両ヘーカ訪中は万々歳の出来事だった)

でも、左派系やリベラル系はこうした戦争絡みの海外ゴコームを過大評価し、手放しで賛美してしまう。
こういう人達って護憲を叫びながらも実は9条擁護以外には無関心だったりするので、ヒワイのこうした記事を違和感なく受け入れてしまうんでしょうね(溜息)
手白香 2018/09/15(Sat)22:22:07 編集
バー「美智子」 チーママは紀子
>皇室は謎のミラーボールのようなもの



そういえば美智子は、
「バーのマダムじゃあるまいし」
と笑われたのよね。

美智子がガイジンとチークダンスしている写真もある。

紀子はバー(スナック)で礼宮の水割りを作ってあげたのよね。

そんな美智子と紀子のいる皇室なら、
ミラーボールが飾られているかもね。

そういえば!
明仁と美智子が住む御所にカラオケがあったと思う。


美智子と紀子がいる店は閑古鳥。
さっさと完全閉店なさいませ。

晶子 2018/09/15(Sat)22:47:56 編集
岩井、つくづく卑しい顔になった
定年になるような歳になれば、生まれつきの顔の美醜は関係ない。
今までの生き方、どんな仕事をしてきたか
それが顔に刻まれる。
やいヒワイ、鏡を持ってるか?
自分の顔を見て見ろ
それなりのエリートコースだろうに、ほんとに卑しい顔つき
大好きなキコちゃんも怖い顔になったね。
顔を見たら恐ろしさで石になるというメデューサみたい。
お互い同族だから恐怖を感じないのか。
顔は履歴書 2018/09/16(Sun)10:25:25 編集
機能不全な秋篠宮家
>家庭問題で重いハンデを抱え、
>機能不全が続いてきた



まさに秋篠宮家のこと。

文仁はタイの売春窟で遊んだとスッパ抜かれたり序列と伝統破壊。

紀子は氷のミーティングでヒステリー。

長女は婚約延期。

次女は学習院大学を2年で中退して、編入ではなくAOで受験すると報道させてからICUに新入学。

長男は宮内庁へ無届で外出して追突したのに検査すらせず遊びに行ったり、槍ヶ岳へリコプター登頂したり、広島で少女に逃げられたり。

そんなドキュ家族を製造した文仁からの説明は全く無い。

秋篠宮家が機能不全でないなら何なんだ?
こんなドキュ一家は庶民でも滅多に見られないよ。

秋篠宮家こそ皇室から出て逝ってほしい。

ビッグ・アップル 2018/09/16(Sun)14:18:38 編集
最新コメント
最新記事
(05/29)
(05/27)
(05/27)
(05/24)
(05/11)
(05/01)
(02/23)
(01/21)
(01/20)
(01/17)
(01/14)
(01/02)
(01/01)
(12/31)
(12/17)
(12/14)
(12/14)
(12/10)
(12/09)
(12/08)
(12/05)
(12/01)
(11/30)
(11/30)
(11/30)
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
25 26 28 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
Mrs Oakley Fisher
性別:
非公開
自己紹介:
「Mrs Oakley Fisher の 台所」の筆頭(あら、えらそうw)管理人が、枕代わりにしている本の感想文を置いています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/14)
(11/14)
(11/19)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(05/20)
(05/20)
(05/20)
(07/25)
(07/25)
(07/25)
(05/01)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
忍者カウンター
バーコード