屋根裏部屋でホコリをかぶっていた本を引っ張り出して来ました。ちょっと気になった部分だけを取り出して「個人の感想」を書いてます。
[140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129
 


<生前退位 こう考える> 横田耕一さん
◆「公務とは」まず考えたい
 天皇陛下が八日に表明した「お言葉」は、天皇としての立場ではなく、天皇である個人としての立場で述べられました。個人の立場とはいえ、象徴天皇制のあるべき姿について踏み込んだ話をしています。その内容は、憲法的に賛成できない点がいくつかあります。
 一つは、憲法は天皇の任務として「国事行為のみ」と定めていますが、お言葉の「国事行為や、その(天皇の)象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます」からは、天皇は国事行為以外の公的行為もやるべきだという印象を受けます。天皇がしなければならないのは国事行為のみであって、政府の見解でも、公的行為は「やってもよい」とされる行為です。
 国事行為は、憲法で内閣の助言と承認が必要とされています。一方、憲法に規定がない公的行為は、内閣が責任を負うとされていますが、天皇の主導権を認めていて歯止めがありません。天皇陛下の忙しさは、その多くが公的行為です。
 もう一つは、「天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには」のお言葉から、天皇が国民をまとめるような印象を受けることです。これも、憲法は天皇に国民をまとめることを求めていない、という憲法学の通説とはずれがあります。
 憲法の「国民統合の象徴」とは、天皇に国民統合を期待しているのではなく、天皇は国民統合を表しているものにすぎません。ただし、社会心理的に統合する機能を果たす、と解釈されています。例えると、天皇は国民を積極的にまとめるような扇の要ではなく、国民の姿を映す鏡です。とはいえ、象徴天皇制があることで、結果的に国民をまとめるような働きはあるとの考え方です。
 天皇陛下は生前退位という言葉を使わなかったものの、生前退位の希望を述べたことは自明です。憲法は天皇が「国政に関する権能を有しない」と定めています。お言葉がテレビで一斉に放映され、退位の制度化に向けて政治が動きだすのは憲法上、望ましくありません。こうした状況をつくった宮内庁の責任は大きいと言えます。
 本来は陛下の気持ちを忖度(そんたく)して、宮内庁が内々で検討したり、内閣に伝えたりして話を進めるべきです。陛下は五年ほど前から、内部でお気持ちを漏らしていたと伝えられています。政府はもっと早い段階から、議論を始めるべきだったとも言えます。
 皇室典範の改正は、お言葉を述べた天皇陛下をイメージしながら、差し迫った状況で慌ただしくやる議論ではないと思います。大きな目でいろいろなことを考えて、じっくり結論を出すべきです。
 国民主権の原則から言えば、「陛下がこう言ったから」という理由で議論するのではなく、陛下の事情とは別に、天皇制のあり方を客観的に考え、その中で生前退位の是非を検討すればよいと思います。その場合、「天皇の公務とは何か」から考え直す必要があるのではないでしょうか。
 (聞き手・森川清志)
 <天皇の行為> 政府は天皇の行為について、法律の公布など13項目の国事行為と、国内各地への訪問など象徴の地位に基づく公的行為、宮中祭祀(さいし)などその他の行為の三つに分類。国事行為は憲法で規定されているが、公的行為とその他の行為は規定がない。公的行為は他に新年一般参賀、国会開会式や全国戦没者追悼式への出席、外国訪問などがある。
 <よこた・こういち> 1939年、高知市生まれ。東京大大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。九州大教授、流通経済大教授を務めた。専門は憲法学。著書に「憲法と天皇制」、共著に「国民主権と天皇制」「象徴天皇制の構造」など。


-----------

宮内庁の責任ではあるけれども、天皇の公的行為は天皇の主導権を認めているわけで、これはスケジュールに空きがあるとすぐに「何か予定はないか」とこちらから作ってでも入れさせる、という週刊誌記事にも合致しているところを見ると、宮内庁ではあんまり天皇から「やいのやいの」言われて、もうハイハイと言うことを聞いてる状態?

横田氏は触れなかったけれど、

「摂政は嫌」
「公務を減らすのも嫌」

と、アキヒトさんは明確に「お言葉」の中で「気持ちとして表明」しているつもりかもしれんけど、全然理屈になっていないのは、宮内庁や政府が何年か前から取った姿勢を明確に否定しているわけですよね。

憲法違反と言われる恐れがある、と知らされていて、それなら「生前退位」を使わなきゃいいんだろうって、単純に考えたアキヒトさん。
アキヒトさんが、憲法をよく理解していないということ、自分の我を通すためにいきなり国民にだまし討ちのような情報を自ら垂れ流した、ということ、がよくわかったビデオレターでした。

これって、憲法云々より「天皇としてひどいじゃないか」って私は思うんですけどね。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
もっと声を上げるべき
違憲まがいの行為をした天皇を「改憲阻止のためにやった」と持ち上げる連中がいる。
あんたの言ってること矛盾してるけど、と思うけど、おそらく本人は気づいてないんでしょう。
そういうところは担がれてる老夫婦そっくり。

憲法学者はもっと声を上げるべきです。

宮内庁はもちろんだけれど、公共放送のくせに片棒担いだNHKも糾弾すべき。

一番は、“象徴天皇制”を理解していないジジババが悪い。
自分勝手な解釈をして、それを押し通してきてしまった。
時には自国だけではなく他国も巻き込んで。

だから、声を上げなければいけない。

小林よしのりや高森明勅に言わせれば“逆賊”ですけどね。
逆賊で結構。
しらたま 2016/08/18(Thu)11:09:41 編集
天皇として酷いじゃない、その通り
ただね、国民にも問題があると思うんですよ。
2006年の皇室典範改正議論の時、女性天皇女系天皇=直系長子制の方向性を有識者会議が打ち出し、
テレビ朝日のコメンテーターも、「やっぱりね、生まれた子どもが男の子か女の子かで、喜んだりがっかりしたりするのは良くないと思うんですよ」(だから直系長子制がよい)とコメントしていながら
「跡継ぎは個人の問題なんだから、陛下のご意思で決めるべき」「陛下のご意思を確認するべき」なんて、堂々と言っていましたからね。

皇室典範改正で、長い歴史では珍しかった女性天皇女系天皇の方向に戻すとか、直系長子制という今までにない新しい形に変えるとか
要するに、「変える」ことについての最後の責任から、国民は逃げようとした。
象徴天皇と国民の関係について、よく考えずに、国民自身が決断から逃げているんですよ。
天皇と臣民、赤子の時代から、国民自身がどこか切り替わっていないように思うのです。

1945年8月、臣民の大半はもう戦争はイヤだった。でも「敗戦」という形で戦争を終結させる決断を下せる人、その決断の責任を取り得る人が居なかった。
それを昭和天皇が引き受けられた。
昭和天皇には、開戦の責任を取ったかという議論はあるが、少なくとも終戦という決断=敗戦を認めるという決断を下すという責任は果たされたのだと思う。
逆に言えば、臣民は自分たちの手で決断を下すことから逃れた。まあ、そういう時代だったからではありますが。

何が言いたいかというと、昭和天皇が敗戦を受け容れ、天皇と臣民(赤子)から、象徴天皇と国民へと、変わることを決断されたのに対し
国民の方はいまだに決断してもらう心地よさに甘え、大きく変えることへの責任から逃れようとする甘えを抱いているんじゃないかということです。

おそらく昭和天皇は、ポツダム宣言受諾以降の一連の流れのなかで「日本国憲法」が公布されるに際し、これは自分の決断と責任の結果の変更だと考えておられただろう。

---------------以下引用---------------
本日、日本国憲法を公布せしめた。 
この憲法は、帝国憲法を全面的に改正したものであつて、国家再建の基礎を人類普遍の原理に求め、自由に表明された国民の総意によつて確定されたものである。即ち、日本国民は、みづから進んで戦争放棄し、全世界に、正義と秩序とを基調とする永遠の平和が実現することを念願し、常に基本的人権を尊重し、民主主義に基いて国政を運営することを、ここに、明らかに定めたものである。
 朕は、国民と共に、全力をあげ、相携へて、この憲法を正しく運用し、節度と責任を重んじ、自由と平和とを愛する文化国家を建設するやうに努めたいと思ふ。

— 昭和天皇による日本国憲法公布の勅語、1946年(昭和21年)11月3日

----------------ここまで---------------

問題は、昭和天皇ご自身は「天皇と臣民」でなく「象徴天皇と国民」の関係において、つまり国民もともにこの憲法を作ったと理解されていただろうが、
肝心の国民自身が、「天皇の赤子」意識と決別できていないことだろう。
天皇が決断されて受け容れられた(のだから自分たちも受け容れるべき)憲法、あるいは天皇の意に反して外から押しつけられた憲法。

簡単に、いまだに逆賊だなんだと言うところからして「天皇の赤子」意識の残存は明らかだと思う。

私は改憲反対派ですが、天皇のおかげで改憲せずにすまそうという考えは、これまた国民の甘えであると思います。
そういう国民の甘さと、今回の生前退位騒動は実によく連動しているといえましょう。
ペリドット 2016/08/18(Thu)11:55:04 編集
Re:天皇として酷いじゃない、その通り
>ただね、国民にも問題があると思うんですよ。
>2006年の皇室典範改正議論の時、女性天皇女系天皇=直系長子制の方向性を有識者会議が打ち出し、
>テレビ朝日のコメンテーターも、「やっぱりね、生まれた子どもが男の子か女の子かで、喜んだりがっかりしたりするのは良くないと思うんですよ」(だから直系長子制がよい)とコメントしていながら
>「跡継ぎは個人の問題なんだから、陛下のご意思で決めるべき」「陛下のご意思を確認するべき」なんて、堂々と言っていましたからね。
>
>皇室典範改正で、長い歴史では珍しかった女性天皇女系天皇の方向に戻すとか、直系長子制という今までにない新しい形に変えるとか
>要するに、「変える」ことについての最後の責任から、国民は逃げようとした。
>象徴天皇と国民の関係について、よく考えずに、国民自身が決断から逃げているんですよ。
>天皇と臣民、赤子の時代から、国民自身がどこか切り替わっていないように思うのです。

そうかい?
法律との関係性ならそうかもしれないけれども、天皇は選べなかった。
子どもが親を選べないのと同じで。

私は

「質の悪い天皇を戴く不幸」

と呼んでいる。
粗悪品だとわかっていても、どうすることも出来なかった。
悠仁作られて、やっぱり粗悪品は粗悪品で、どんどん悪い方向へ行く、と覚悟した。
ただ、皇太子さまにわずかに希望が残っていた。
皇太子さまの御代には、ちょっとマシな方へ針が振れるのではないか、と。

悠仁があわ坊だったのは、昭和天皇・香淳皇后両陛下が最後のところで守ってくださったかな、と思ってる。
でも、この好運が生かせないなら仕方がない。
【2016/08/18 12:18】
今度こそは騙されない
>憲法云々より「天皇としてひどいじゃないか」って私は思うんですけどね。

私もそう思います。
皇太子ご一家をバッシングさせている人達の後ろに両陛下がいるというのはよく言われていました。
しかし確証もないし心のどこかでは、いやしくも天皇なのだから自分の希望などあまりあからさまにはされないだろうと最後のところでは信じる部分もありましたね。

でもやりたいようにやる天皇だということがわかりました。
無私の権化のような昭和天皇の息子だというのに最低です。
生前退位が憲法違反だろうともう早く引っ込んでほしいです。
フレッシュバジル 2016/08/18(Thu)12:41:29 編集
選べない、はそうなんですが
>天皇は選べなかった。
>子どもが親を選べないのと同じで。

これはおっしゃる通りなんですね。
その意味では、秋篠宮一家みたいのに天皇家が継承されていく形でも、文句は言えない。実際、敬宮様がご誕生になられなければ、どんなにあがいたって将来的には秋篠宮やその子たちが天皇になるところでした。
突き詰めて考えると、私は象徴天皇制そのものも賛同できない部分があるのかもしれません。

そういう危うさが象徴天皇制にはあるにしても
少なくとも戦前の天皇制とは違うのだから
例えば親だって、間違った親なら子は批判するのが当たり前です(なるほど、だから稲田氏は尊属殺人の法規を復活させろというわけですね。親は無条件に敬う、と)。
そもそも、親でもないのですし、天皇のご意思を、って口を開けているひな鳥みたいに待ち、
天皇のご意思が示されたら、無条件にそれに靡く、靡かねば逆賊、なんて感覚で居てはいけないと思うし

そのためには、女性天皇女系天皇などというこれまで少なかった事例に向けて、
あるいは弟が居ても姉が跡取りという、いささか進んだ(と思える)方向に向けて
自分たち自身が決めるっていう強さがなくちゃいけないと思うのです。

どうしても言いたい様が、
>あとのことは、国民が決めますから
と書いていらっしゃったけれども、この覚悟が必要なんだと思う。
ペリドット 2016/08/18(Thu)14:08:34 編集
Re:選べない、はそうなんですが
>>天皇は選べなかった。
>>子どもが親を選べないのと同じで。
>
>これはおっしゃる通りなんですね。
>その意味では、秋篠宮一家みたいのに天皇家が継承されていく形でも、文句は言えない。実際、敬宮様がご誕生になられなければ、どんなにあがいたって将来的には秋篠宮やその子たちが天皇になるところでした。
>突き詰めて考えると、私は象徴天皇制そのものも賛同できない部分があるのかもしれません。

あ、それは私の方がはっきりしてるw
とにかく秋家へ行ったら共和制賛成。

でも真面目に考えている部分もあって、日本は国が混沌としてくると政府が天皇を頼る国なんだな、って。

で、必要とされていない時(いつ必要とされるかはわからないよね、つまり普段から)は何をしているかというと、これが一生懸命勉強している(のが多い)。
阿倍内親王は舞の名手で、遣唐使として中国に渡ったことのある吉備真備について、漢書や礼記など勉強してました。
当時、漢字が読めるといったら、ものすごい知識人(ペリドットさまならとうにご存知)。
この皇族たちが受けた教育と一般教養人の差は、今の比ではないですね。
照宮さまが「どうして安閑としていられよう」と書かれたように、皇族は特別の時のために、あるいは、庶民の「一旦緩急あれば義勇公に奉じ…」のように(庶民と違って体でなく)頭が働かなければならない、判断を誤ってはならない、すぐさま対応できるよう、それだけの教養を体得し、叡智を養っておかねばいけません。

カネを積んで大学を卒業したり、博士号をとったり、程度ではダメなんです。

しかし、秋家に皇統がいけば、よほどの突然変異でもない限り、今のまま、秋家の子どもたちへの教育のつけ方は踏襲されていく。
これでは「一旦緩急あらば」に間に合わないです。
責任もとらず逃亡するか、わが身可愛さに国(国民)を売ることになる。

皇太子家が希望、というのはこの点です。
「何のため?」ともおっしゃらず、黙々とご自分を磨いておられる、さまざまな妨害もあったけれども、そういう生き方をご自分で見つけられた。
そして、そういうご両親の考え方がみごとに敬宮さまの中に生きてます!

天皇象徴制は歴史的にみれば、70年しかたっていませんが、それを存続させるというなら、この系統を残したい。
武士が台頭してからは、その捨扶持で、京都で貧しく生きていた時代の方が長い天皇家ですが、学問と教育の家系でもあったのですから。

そして、日本は、学問が国を救ってきた、だからこれからも、と考えるからです。



【2016/08/18 18:20】
国民のせいにされても困る
10年前も、そして現在も国民の大多数は女系・女帝を容認している。
それを無視してことを進めるからといって「国民にも責任がある」と言われても困る。

件の“摂政制を支持する奴は逆賊”の連中なんて、「いつまでも女系・女帝に舵を切らないからヘーカがしびれを切らした」とか言ってるんだからお笑い。
あの人達は、本気でたまたまあのタイミングで男の子ができてリークされたとでも思ってるんだろうか。
脳内にお花が咲き乱れてある意味幸せな人達。
しらたま 2016/08/18(Thu)14:17:08 編集
これほど言いたい放題の天皇って・・・その器なのかしらん?
>その内容は、憲法的に賛成できない点がいくつかあります。


憲法の専門家ではない台所お婆ちゃん集団の私たちでさえ(若い方、専門家の方、すみません。)天皇に対して(そんなこと言っていいの?それって憲法にふれるんじゃないの?)と思うことが一回だけじゃなくあった。

国民とともに歩むと言ってるけれど、国民はそんなこと望んでないんだけど?と言いたくなる時も何回かあった。

これだけ言いたい放題で、国民と真逆の方を向いてる天皇も珍しいよね。

生前退位は天皇の終活なんて言ってるバカ女いるけど、終活ってのは、もっと覚悟して実行するもんじゃないの?

なんか中途半端なんだよね。察してチャンじゃないんだから、本当に自分がそう思ってるんなら、自分の意思を押し通したいんなら、根回し完璧にして、さっさと隠居すればいいじゃん。

自分は悪者になりたくないんだろうね、ぜ~んぶ政府が動くように仕向けてるんだもん。
良くいえば狡賢くて悪くいえば卑怯だよ。

こういう人から清潔さも誠実さも立派さも感じないし、こういう人を心から信頼したいとは思えないな。
正田 はる 2016/08/18(Thu)16:38:27 編集
最新コメント
[07/19 ペリドット]
[07/19 松竹梅]
[07/18 ガーネット]
[07/18 しらたま]
[07/17 ほこり]
[07/17 手白香]
[07/15 ガーネット]
[07/15 手白香]
[07/15 射手座]
[07/15 index]
[07/15 index]
[07/14 手白香]
[07/14 ペリドット]
[07/14 ガーネット]
[07/14 ω君は生きてるの?]
[07/14 にこりん]
[07/13 画像があるから恐くない]
[07/13 太って太って太っての眞子さまは別人だそうです]
[07/13 HN 橋口 和子]
[07/13 大和三山]
[07/13 手白香]
[07/13 ななお]
[07/13 しらたま]
[07/13 冥王星]
[07/13 射手座]
最新記事
(08/15)
(08/14)
(08/02)
(08/01)
(07/31)
(07/17)
(07/13)
(07/12)
(07/11)
(07/11)
(07/11)
(07/11)
(07/09)
(07/09)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/04)
(07/04)
(07/04)
(06/30)
(06/29)
(06/29)
(06/29)
(06/28)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 7 8
10 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
プロフィール
HN:
Mrs Oakley Fisher
性別:
非公開
自己紹介:
「Mrs Oakley Fisher の 台所」の筆頭(あら、えらそうw)管理人が、枕代わりにしている本の感想文を置いています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/14)
(11/14)
(11/19)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(05/20)
(05/20)
(05/20)
(07/25)
(07/25)
(07/25)
(05/01)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
忍者カウンター
バーコード