屋根裏部屋でホコリをかぶっていた本を引っ張り出して来ました。ちょっと気になった部分だけを取り出して「個人の感想」を書いてます。
[138]  [137]  [136]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127
 

ななお様が送ってくださいました。
8月12日の朝刊です。
ご披露するのが遅れて申し訳ありません。

ななお様によりますと、

「カラーは初めてではないかしら?」
「皇室関係の記事はだいたい第2、第3社会面なんですけど、この記事2面なんです。1面の裏。生前退位に絡んでということなのか、オリンピックの記事の都合なのか」

と言うことなんですが。

皇太子ご一家の山の日ご公務をカラーで載せたのは、やはり「目立たせたい」思惑が、讀賣新聞としてはあったのではないでしょうか?

生前退位のことなど吹っ飛んでしまって、普通の国民は、もうオリンピックとスマップの解散と皇太子ご一家、特に敬宮さまに夢中でしょう。
新聞もこぞって「愛子さま」を伝えたがっているかのようです。

お盆休み中は(紙媒体での報道は)週刊誌よりはやはり新聞でしょうからね。

国民の関心が俄然皇太子家にシフトしてきたことが如実に表れていると思います。

  

ただ、やっぱり「生前退位」のことは触れておかなくては、社会の木鐸としての新聞の使命が果たせませんものね。

気になるのは、

・アキヒトさんが「皇太子とアキシノノミヤ」を同列に置いていること。
・アキヒトさんが特に皇太子殿下に何かを教えているというようなことはない、と元東宮侍従に言わせていること(ヘーカを見ていることが。
・アキヒトさんが結構自分のやり方に自信を持っていて、それを次世代へ繋いでほしいと言っていること。


>務め、途切れず次世代へ

公務は減らせない、とアキヒトさんが強弁するのは、早い段階で「公務の見直し」を言っておられた皇太子さまへの対抗心が今もってある、ということですよね。

雅子妃がバッシングされたのも、もともと、皇太子殿下が公務について別の考えをお持ちだったので、それを叩かれたという説もあります。
要するに政府から依頼されたあるいは昭和時代から引き続き天皇が出ることになっている元首級のお出ましとは別に、天皇のお出ましを願う別スジがかなり天皇側近に食い込んでいる、それが皇太子さまの代では切られる恐れがある、利権が絡んでいるので、何とか続けてもらわないと困る勢力が天皇の周りに巣食っているということです。

それが天皇自身の「公務は減らさずやっていく」「ワシの目の黒いうちに、皇太子がちゃんと受け継いでいくように道をつけて、見張っていく」という思惑つきの生前退位ではないかと私は思っています。

「アキシノノミヤでもやっていけるような」種類の公務なのでしょうが、代替わりして後のただの傍系宮家が出るよりは、今のうちに天皇の代わりとして出てもらった方が、受け手の方も箔がつく、代替わり後は本物の天皇に来て貰えるかもしれないし、ダメでも天皇の名代として鯰に来てもらえることになる、グレードを落さずにすむわけですからね。

ホステス気質のミテ子さんが、皇太子妃時代、自分の人気ageを狙って「おもてなし」を広げすぎ、皇后になったら「もてなしを受ける」心地よさにはまりすぎたんではないですかね?


この間、仕事上のことで、某お役所の人に立ち会う機会があったんですが、この頃のお役人(あえてこういう言い方をさせてもらいますが)は、水一杯供与を受けませんよ、「職務中ですから」とかって。
で、仕事が終わったらサッサと帰る、だいぶお昼にくいこんでましたけどね。
いやあ、こっちは暑い中来てもらったんだし、(ヘンな意味でなく)お昼でも、と思ったんですけどね。

えらく話が飛びましてすみません。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
今朝の中日に・・・
ゴコームに関するなかなか鋭い批判が述べられているコラムが載っていました。

早くもウェブ版にアップされています。


http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2016081802000101.html

> <生前退位 こう考える> 横田耕一さん

>◆「公務とは」まず考えたい

>天皇陛下が八日に表明した「お言葉」は、天皇としての立場ではなく、天皇である個人としての立場で述べられました。個人の立場とはいえ、象徴天皇制のあるべき姿について踏み込んだ話をしています。その内容は、憲法的に賛成できない点がいくつかあります。

>一つは、憲法は天皇の任務として「国事行為のみ」と定めていますが、お言葉の「国事行為や、その(天皇の)象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます」からは、天皇は国事行為以外の公的行為もやるべきだという印象を受けます。天皇がしなければならないのは国事行為のみであって、政府の見解でも、公的行為は「やってもよい」とされる行為です。

>国事行為は、憲法で内閣の助言と承認が必要とされています。一方、憲法に規定がない公的行為は、内閣が責任を負うとされていますが、天皇の主導権を認めていて歯止めがありません。天皇陛下の忙しさは、その多くが公的行為です。

(引用ここまで)


横田氏は、国事行為と公的行為の区別をきちんと説明した上で、今上ヘーカの忙しさは「その多くが公的行為」とハッキリ指摘しています。

引用しなかった後半の部分では、今上ヘーカご自身の象徴という立場の捉え方やビデオメッセージを出されたことについて、憲法学者としての横田氏の見解が出ています。
全体的に、かなり読み応えがある記事でした。

この横田氏は昭和14年生まれだそうですけど、先日アカヒ紙面に登場した若き学者・西村氏と同じく、冷静な学者としての目を持ち合わせていると思いました。
手白香 2016/08/18(Thu)09:51:24 編集
Re:今朝の中日に・・・
>ゴコーム関するなかなか鋭い批判が述べられているコラムが載っていました。
>
>早くもウェブ版にアップされています。
>
>
>http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2016081802000101.html
>

>
>横田氏は、国事行為と公的行為の区別をきちんと説明した上で、今上ヘーカの忙しさは「その多くが公的行為」とハッキリ指摘しています。
>
>引用しなかった後半の部分では、今上ヘーカご自身の象徴という立場の捉え方やビデオメッセージを出されたことについて、憲法学者としての横田氏の見解が出ています。
>全体的に、かなり読み応えがある記事でした。
>
>この横田氏は昭和14年生まれだそうですけど、先日アカヒ紙面に登場した若き学者・西村氏と同じく、冷静な学者としての目を持ち合わせていると思いました。


有難うございました。
一庶民にすぎないので、憲法のこともよくわからないのですが、自分なりに解釈している「憲法上の天皇」とアキヒトさんのビデオメッセージとはずいぶんズレがありました。

この横田氏の見解で、皇太子殿下の「公務に対する取り組み」がむしろ「天皇の公的行為」の主旨に近いものである、という確信が持てましたし、これからの「生前退位問題」についてかなり整理することが出来ると思いますので、別記事にあげさせていただきました。
【2016/08/18 10:24】
読売新聞って。
今上即位からしばらくはウチ朝日新聞購読してました。でも、なんかいやーな見栄晴くん気質が臭って、読売に変えました。朝日って、リーディングペーパーオブジャパンだそうな。
読売は横目で朝日を眺めて、ネットで皇室関連ブログ読み込んで、ああはなりたくねーとなるたけ公平な立場をとっていた感じ。前も書いたが、朝日新聞購読のお願い電話2回受けましたよ。ウチは20年以上前の購読者だってのに。「皇太子ご一家のことを酷く書くから絶対に購読しません」と断りました。秋篠宮家支持者の人達は朝日新聞購読してあげないのかね?
読売新聞は「コボちゃん」「猫ピッチャー」「オフィスケン太」の面白い4コマ漫画そろい踏みだもん。これで「愛子さま」バンバン載せたら、右肩下がり回避できるんじゃないの。
射手座 2016/08/18(Thu)12:58:17 編集
ようやく合点がいきました
>それが天皇自身の「公務は減らさずやっていく」「ワシの目の黒いうちに、皇太子がちゃんと受け継いでいくように道をつけて、見張っていく」という思惑つきの生前退位ではないかと私は思っています。


すっごい納得できました。

鯰との思惑とも周りとの思惑とも合致する、いつもそこに行き着く。コーム、減らせない、減らさせない。金。

なんか色んなものが見えてきますね。
KAONASHI 2016/08/18(Thu)21:44:41 編集
公的行為つまり公務にすると税金を使えるから、公的行為は止めないだろうね。
>天皇自身の
>「公務は減らさずやっていく」
>「ワシの目の黒いうちに、皇太子がちゃんと受け継いでいくように道をつけて、見張っていく」という
>思惑つきの生前退位ではないかと私は思っています。



天皇皇后とて私的行為は自腹だけど、
公的行為つまり公務は税金を使える。

天皇が国事行為以外でやっている活動を公的行為つまり公務にして、
公務だからということで税金を使い放題できているのを知っている秋篠夫婦は、
天皇に擦り寄り続けるだろうね。

公務だから税金を使えるとなれば、
天皇と必ずセットで動くミテコさまみたいにドレスでも和服でも作り放題に新調できるし、
海外旅行も公務だと言えば税金を使えるのだから、
公務を減らすなんて天皇も秋篠夫婦も口が裂けても言わないよ。

それは宮内庁職員も同じだと思う。
どこのブログか忘れたけれど、
「天皇の海外訪問が決定すると、宮内庁職員が事前に調査するだの準備するだので、奥さん同伴で、天皇の海外旅行と全く同じ内容の海外視察をする。
宮内庁職員は皇族じゃないのに、現地の大使館職員に対して自分たちを皇族のように仕えさせる。」
なんて書かれていたからね。
ま、宮内庁職員だって人間だもの、
天皇と同じ内容で海外旅行できるとなれば、
天皇マンセーしまくるよ。

クィコさまが何かにつけて「お金くれ。」と物乞いしているけど、
あれは「めぐんでくれ」というよりも、
「ぜんぶ公務にして、ぜんぶ税金で秋篠家の面倒をみろ。」と言ってるのかなと思う。
出納帳 2016/08/18(Thu)22:46:25 編集
最新コメント
[02/17 ルイヴィトンバッグ]
[02/17 手白香]
[02/13 のなめです。]
[02/10 手白香]
[02/07 のなめです。]
[02/06 ブルーサファイア]
[02/03 手白香]
[02/03 手白香]
[01/24 カモマイル]
[01/24 しらたま]
[01/22 射手座]
[01/22 カモマイル]
[01/22 まゆ玉]
[01/22 しらたま]
[01/22 のなめです。]
[01/21 大和三山]
[01/21 手白香]
[01/21 しらたま]
[01/21 カモマイル]
[01/19 一庶民]
[01/19 まご]
[01/19 ブルーサファイア]
[01/18 射手座]
[01/18 大和三山]
[01/18 三田村金魚]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
プロフィール
HN:
Mrs Oakley Fisher
性別:
非公開
自己紹介:
「Mrs Oakley Fisher の 台所」の筆頭(あら、えらそうw)管理人が、枕代わりにしている本の感想文を置いています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/14)
(11/14)
(11/19)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(05/20)
(05/20)
(05/20)
(07/25)
(07/25)
(07/25)
(05/01)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
忍者カウンター
バーコード