屋根裏部屋でホコリをかぶっていた本を引っ張り出して来ました。ちょっと気になった部分だけを取り出して「個人の感想」を書いてます。
[1227]  [1226]  [1225]  [1224]  [1223]  [1222]  [1221]  [1220]  [1219]  [1218]  [1217
 


讀賣新聞が「家族の大切さ強調」と見出しに出してくれていることに感動してます。

まさに、この「家族」が、ここ10年ほど、皇太子殿下を叩くネタになっていました。
「皇太子さまは内向き、家族のことだけ熱心、公務が少ない」
これを理由に、アキシノノミヤへ譲れと大声出していたリョーヘーカとキコさんの取り巻きたち。

でもナルちゃんと呼ばれていた頃からの皇室ウォッチャーからすると、成年になり、リョーヘーカから独立された皇太子殿下に多大な影響力を与え、天皇に即位するための仕上げの役を担われたのは雅子さまだと思うんですよ、

今日が皇太子殿下と雅子さまのご成婚記念日だということは知らないけれども、テンノーコーゴーのニュースは頭にあるというお年寄りが、昨日、

ミチコサンって、なんであんなにぐいっと国賓の方の肘をつかむの?亭主の肘だけつかんでりゃいいのにさ、失礼でしょうよ」

って言ってましたw

アキヒトさんも鯰も、一人では何にも出来ないので、召使いとの連絡役、国民からのめくらまし役など、子どもを産む以外には雑用係としてヒデンカが必要だったでしょ。

平成30年たって、「天皇」が「ミチコサンの亭主」よ!?

アキヒトさんは、「ミチコサンの亭主」だから、テレビを使ってビデオレターを流した時、

「そうか、そうか、年とってコームとやらは辛かろう、庶民の亭主だって引退を考える年だ」

って、理解を示したのよ。

憲法にある「国民統合の象徴」なんて、頭にありゃしないわ。
たぶん、アキヒトさんの頭にもなかったわよ。

でも、これからは違う。

敬宮さまがどんなふうにご成長されたか、私たちは知ってます。
世間に発表された「作文」で、ご両親の薫陶ぶりがわかりました。
天皇家の「私の姿」が表れてます。

それに引き替え、アキヒト&ミテコ、何十年と故意に美談を流しても「ミチコサンの亭主」「肘つかみ」ですよ。
アキシノノミヤ家は、頭の悪い姉ちゃん二人とやけにぐにゃぐにゃしている「ω」はついてることだけが強調されてる子がいることだけはわかっています。
今、級友を後ろから飛び蹴りしたり、学校の備品を壊したり、乱暴な方が結婚問題で世間を騒がしていて、素行の悪い方は、英国へ留学という名目で遠島申し付けられたきり、消息不明です。
今月には許されて帰ってくるでしょうけどね。

日本国憲法の「象徴」を体現する天皇が出ますよ。

問2 
 両殿下にそれぞれお尋ねします。両殿下は来年5月1日に新たな天皇,皇后となられます。日本や皇室を取り巻く環境が大きく変わるなか,皇太子同妃両殿下として築き上げてきた25年の歩みを即位後にどう生かしていきたいとお考えでしょうか。新天皇として,新皇后として,次の時代のあり方とあわせてお考えをお聞かせください。

この問いに、皇太子殿下はこうおっしゃっています。

次の時代の皇室のあり方については,両陛下も大事にされてきた皇室の長く続いた伝統を継承しながら,現行憲法で規定されている「象徴」としての天皇の役割をしっかりと果たしていくことが大切だと考えています。


リョーヘーカについては皇室の伝統
天皇としては「現行憲法で規定されている象徴としての役割」

皇太子さまは、ご自分の立場をきちんと考えられていて(皇室の人には姓がないのはなぜかと問われて、皇太子さまは「日本に属しているからではないか」と答えられたそうな)そして、雅子さまは、国内の災害についてしか例を出されておらず、私たちが雅子さまに望んでいた「皇室外交」にさえ言及しておられない。

皇太子さまはとても良い資質をお持ちでさらに努力を怠らなかった人だと、おそばにいた方がみな口を揃えて証言しておられる。
その方がめぐり合い、一生をともに歩いてほしいと望まれたのが雅子さま。
そして雅子さまは皇室に入られた。
この見識の高さ、賢い方が、引き続き、ご自分を犠牲にしてでも、これからも新天皇を支えてくださり、敬宮さまを見守ってくださるのですよ。

きっと皇室を良い方へ向かわせてくださると信じています。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
公務について
6月9日、お二人と愛犬の由莉ちゃんのスリーショットを拝見しました。そこには穏やかで温かい空気が満ち溢れ、見ている私の方も幸せな気持ちで一杯になりました。東宮応援派の皆様もきっとそうでしたよね。25年間のお二人の歩みの答えがそこにあるようでした。

公務をしないといつも叩かれてきたお二人ですが、私は皇室が日本の国民の象徴、拠り所であるとするならば、公務云々ではなく、その存在自体に慰めや喜び、哀しみを見いだすことができるかどうかではないかと思います。
お二人は次代の天皇皇后として、まさしくそういう存在であると確信しています。

公務であろうと、私的なお出かけであろうと私たちはお二人の姿を拝見したい。そんな気持ちにかられます。(こんな風に書くと偶像崇拝かと言われれそうですが)根拠なくそう思うのではなく、お二人が真摯にこの25年間、苦しみもがきながらも
いつもあの穏やかな周囲を包み込むような笑顔を失うことなく生きてこられたことが推察できるからです

小宮山洋子さんのブログに、雅子さまの体調が優れなくて一晩中眠れず苦しまれていたときに殿下が朝まで付き添い、そのまま公務に出られたという記述があり、思わず涙が出てしまいました。
皇太子殿下はご自分の公務をサボられたことなどありません。回数が少なく見えるのは、他の方の公務の数が異常に多いのと、何でもかんでも公務にカウントしているからだと思います。
皇室が率先してブラック企業の片棒を担いでどうするのですか。殿下がずっと公務の見直しをと言ってらっしゃるのに、両陛下がどんどん増やしているのではありませんか。
私は一年前からの皇室ウオッチャーですが、公務ができなくなったから生前退位をしたいとおっしゃった筈なのにその後の両陛下を見ていると 、信じられないくらいの数のお出ましで、整合性が全く無いのですが。はっきり言って見たくもお目にかかりたくもないです。

皇太子殿下はお一人で今までもこれからも立派に公務を果たされると思います。でも雅子様が傍にいらしたら、私達はとても幸せな気持ちになるんです。皇太子殿下も私達以上に幸せなお気持ちだと思います。そして一言も公に話さなくても作文を読んだ子への涙を浮かべられた姿を拝見しただけで、この女の子はどんな作文を書いたのだろうと興味を惹かれ、全文を読みたくなるのです。
(実際私はこの作文を読んで女の子とそのご家族の弟の障害理解と温かさに目眩がする程感動し、
教育関係者保護者みんなに読んでほしいと思いました)
雅子妃殿下が皇后になられる付加価値は管理人様がここで述べられているように非常に大きいと思います。それを何者かが阻害しないで欲しいです。
川は静かに流れ 2018/06/11(Mon)12:20:46 編集
一番公務をしていたのは雅子妃だったよ
公務をしないどころか、病気になるまでの間、雅子妃ほど公務をした人はいないんですよ。
騙されてますね、マスコミに。
そういうこと、一切書かないから。

それで疲れ果てて病気になったの。叩き潰すために公務をやらせてたんだよ、天皇と皇后は。

天皇と皇后の公務って、そんなに大変じゃないのに、上手く回数を稼ぐようになってる。
とにかく鑑賞系が凄まじい。
最近、日帰りの台風や水害の見舞いを「行幸啓」と呼ばせてまた回数かせぎやってる。

ホント、全部嘘でできてるんだよ、皇室と皇室報道は。実際、宮内庁はデータを出さないしね。
全部、やらせてるの。
そして「公務をしない」という印象だけを色濃くつけるようにしてるんだよ。
これって、もう犯罪だよ。

学者とかはちゃんと知ってるのに、知らん顔してる。
首になりたくないからね。サイテーだよ、皇室関係で飯食って、本を出してもらってる教員って。
こういう本、読んだり買ったりしちゃだめだ。
某大学院生 2018/06/12(Tue)15:22:44 編集
中村紘子さんの評伝
亡くなった中村紘子さんの評伝「キンノヒマワリ」に、彼女が、手料理でもてなそうと、皇太子ご夫妻と団いくま夫妻を招待していたところ、雅子さまは、具合が悪くなって来られなかったと書いてあります。
中村さんとはご両親が懇意で、家族ぐるみでお付き合いがあり、独身時代、一緒に写ってる写真がたくさんありましたね。さぞかし行きたかったと思います。
団さんがお元気だったことから、まだ90年代のことだと思いますが、この頃から、体調の悪化の兆候があったんだな、とつくづく思いました。
とにかく忙しかったですよ、出産前の雅子さまは。熱が出たといってはご懐妊か、と騒がれてましたが、激務の疲れだったとも報じられてます。
公務なんて、天皇の国事行為しかないはずなのに。
なんでこんなことやらせてたんだろう。
病気にするため?
キンノヒマワリ 2018/06/12(Tue)16:40:45 編集
公務について 追記
《宮内庁ホームページで調べたこと》
日程 天皇皇后両陛下 平成元年〜
皇太子同妃殿下 平成14年〜
秋篠宮同妃殿下 平成16年7月から

内容 皇太子同妃殿下の内容はサラッとかかれ、
他の4方の内容は実に詳細に書かれている
東宮御一家の静養、御用邸滞在は必ず書い
てあるが、秋篠宮家葉山御用邸滞在くらい
しか記述がなく、私的旅行に至っては全く
書かれていない。
*皇太子妃殿下が病に倒れる前のお元気なころの
日程表がなく、秋篠宮家が忙しくなってからの日程表しかない。(天皇皇后両陛下の日程表は平成元年からなのに)これを見た人達が、天皇皇后両陛下、秋篠宮家は良く働いているのに東宮御一家は静養ばっかりだと叩く材料になっている。

海外訪問
天皇皇后両陛下 平成3年から(元年と2年は無い)

皇太子同妃殿下 平成16年から記述
元年から数えると40回。
内訳 訪問28回 (結婚式招待7ヶ国6回、戴冠式即
位式招待3回、水フォーラム関係2回含)
旅行13回(葬儀8回、水フォーラム関係4回
オランダ招待旅行1回)
*ご夫妻で7回、ご家族で1回(オランダ旅行)

秋篠宮同妃殿下 平成17年から記述
元年から数えると54回
内訳 訪問28回(結婚式1回含)
旅行26回(葬儀8回、魚*鳥*家禽類の調査等
18回)
*国別で特に際立つのがタイで調査、学位授与式参加などの名目で旅行10回、葬儀2回、訪問2回計14回。立ち寄りも含めれば16回。
*ご夫妻で参加32回、眞子さんと3回、家族4人であった1回(タイの学位授与式)中華人民共和国の鳥類調査旅行などにもご夫妻で

ここで疑問に感じたのは平成17年からの記述には
昨年の葬儀以外タイ旅行のことが書かれていないこと、4回抜けている。全体の海外訪問を見ればわかることなのに、秋篠宮同妃殿下のご日程を開いたときにそれがわからないようにされている。18回の私的調査旅行、学位授与式にはご夫妻、あるいは?家族同伴で行っているのに、ただ1度の東宮御一家オランダ招待旅行があれほどまで叩かれたのか理解し難い。そこにものすごい意地悪な意志を感じざるを得ない。

宮内庁ホームページは皆様がおっしゃっている通り一新されるべきであり、情報は同じ様式、基準で出されるべきであると思う。

マス・メディアのことも書こうと思っていました
が今から外出しなければならないのでとりあえず
これだけ送らせていただきます。



川は静かに流れ 2018/06/13(Wed)10:48:47 編集
最新コメント
[06/19 かつ丼]
[06/18 なな]
[06/18 晶子]
[06/18 猪八戒]
[06/18 ソースがあるから怖くない]
[06/17 手白香]
[06/17 射手座]
[06/17 昭和から生きている婆]
[06/16 なな]
[06/16 昭和生まれ]
[06/15 なな]
[06/15 ソースあり]
[06/15 射手座]
[06/15 覚えていますよ]
[06/15 しらたま]
[06/15 射手座]
[06/15 ペリドット]
[06/15 ななお]
[06/15 三田村金魚]
[06/15 12桁の電卓]
[06/15 コピーキャット]
[06/15 奈良漬]
[06/14 海辺の別荘にて]
[06/14 大和三山]
[06/14 大和三山]
最新記事
(06/14)
(06/14)
(06/14)
(06/14)
(06/14)
(06/14)
(06/12)
(06/12)
(06/09)
(06/09)
(06/09)
(06/09)
(06/08)
(06/08)
(06/07)
(06/04)
(06/02)
(05/31)
(05/31)
(05/31)
(05/31)
(05/31)
(05/28)
(05/26)
(05/26)
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1
3 5 6
10 11 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
Mrs Oakley Fisher
性別:
非公開
自己紹介:
「Mrs Oakley Fisher の 台所」の筆頭(あら、えらそうw)管理人が、枕代わりにしている本の感想文を置いています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/14)
(11/14)
(11/19)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(05/20)
(05/20)
(05/20)
(07/25)
(07/25)
(07/25)
(05/01)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
忍者カウンター
バーコード