屋根裏部屋でホコリをかぶっていた本を引っ張り出して来ました。ちょっと気になった部分だけを取り出して「個人の感想」を書いてます。
[1162]  [1161]  [1160]  [1159]  [1158]  [1157]  [1156]  [1155]  [1154]  [1153]  [1152
 

ある冊子に書かれていたエピソードをこのブログをROMしておられる方が送ってくださいました。

石牟礼道子女史が亡くなり、ミテコサマがお別れの会に出席して花を一輪手向けたとかのニュースのあった後です。

『苦海浄土』は持ってますが、全部読んでいません。
白状すると「気分が悪くなるので」

「銭は1銭もいらん。そのかわり、会社のえらか衆の、上から順々に、水銀母液ば飲んでもらおう。上から順々に、42人死んでもらう。奥さんがたにも飲んでもらう。胎児性の生まれるように。そのあと順々に69人、水俣病になってもらう。あと100人ぐらい潜在患者になってもらう。それでよか」

凄まじい憤怒に圧倒されて読むのをやめれば「おまえも水銀母液を飲んでみろ」と脅迫されているような気分になって、また本を手に取り、別のところをぱらぱらめくってみる。
患者の苦しみをわかるまでにならんといけないのか、同じように手足が震え体がねじれなきゃわからないと言うのか、どうせいって言うんじゃ、わからないやつは等しく水銀母液を飲めと言うのか、とひねくれるのが精一杯。

苦海とは仏教用語で苦界のことだそうだ。
苦しみの絶えない人間界。
それで言うなら、常に左派系運動とつるんで語られる
「水俣病の原因を作った企業あるいは地方行政、国家行政への批判」
「豊かさのために一部の地域あるいは地域住民が犠牲になっている日本の構造」
こういうものも、ある意味一面しか見ていないことにならないか?

チッソ(日本窒素肥料)という会社は、戦前からある。
国策会社として、日本経済の一端を担い、海外にも進出した。

1927(昭和2)年, 朝鮮窒素肥料株式会社設立、世界最大規模の化学コンビナート「興南工場」設立.
1941(昭和16)年, 塩化ビニルの製造開始.
1944(昭和19)年, 世界最大級の水豊ダム完成(70万kw).
1945(昭和20)年, 全国のトップを切ってアンモニア肥料(硫安)の製造再開. 

「東京にゆけば、国の在るち思うとったが、東京にゃ、国はなかったなあ。あれが国ならば国ちゅうもんは、おとろしか。」

国はどうしてくれるもんだと思ったの?
国は戦争を起こした、人はたくさん死んだ、戦に行った兵士も逃げ惑った国民も人だ。
日本窒素肥料は、朝鮮、満州、台湾、海南島など海外における一切の資産を失ない、社員とその家族は無一文になって日本へ帰って来た。
彼らを受け入れたのは水俣工場である。
延岡工場は、財閥解体で「旭化成工業」という別会社になっており、日本窒素肥料には水俣工場と小規模な発電所数ヶ所、国の指定工場だったのでアメリカ軍の空爆を集中的に受け、屋根のある建物は一つもなかった。
そんなところへ興南工場からだけでも3万人が引揚げてきている。
小さな漁村の瓦礫と化した工場跡に大量の難民がやってきた図を想像してみてほしい。

石牟礼道子の『苦海浄土』だけで水俣病を語り、会社や国の無責任を糾弾することだけで終ってしまっていいのか?
患者さんたちの苦しみをまともに受け止められない人間が何を言うと言われそうだけれども、
石牟礼道子『苦海浄土』とミテコサマ美談しか聞こえてこないので、あえて。

>よくわかるのは石牟礼さんの「でもねえ」なのである。
>だからといって天皇制をなんとはなしに受容したり、皇室の手を借りてなにごとかをなそうとしたりするのはあやういと思う。
>天皇夫妻の存在を晴れがましいことの象徴とし、この国の〝モラル・スタンダード〟であるとするのも知的後退である。

「でもねぇ」と私も言う。
この頃では、皇室の手を借りてなにごとかをなそうとしたりするのは、どちらかと言えば、
石牟礼さんやその礼賛者の方に多いよね。
天皇制批判はどっかに飛んじゃってる感がある。
天皇皇后とは言うけれども、
石牟礼さんが言っているように

「美智子さん」

なんですよ。

でも思うんですよ。
石牟礼さんの会われた皇后が「美智子さん」だったのは、この一主婦であり偉大な詩人だった石牟礼さんにとって「残念なこと」の範囲に入るのではなかろうか?
皇太子妃雅子さまとお話になる機会があれば、おそらくは「美智子さん」とは違ったものを、詩人の魂に何か打ち響くものを感じられたのではないか?
そんな風に思うんですよ。
石牟礼さんの「でもねえ」というのは、辺見氏が危惧するような「象徴」の問題ではなくて、何か「ただの美談」で終ってしまっているその軽さが入っているのではないかと思ったりもするんです、わかりませんけどね。
なんたって

「美智子さん」

ですよw
「親しみ」というよりは、存在が軽い気がするんです。

まして国民は平成のリョーヘーカを〝モラル・スタンダード〟と見てましたかねぇ?
むしろ見ないふりをしてあげていた気がするんですけどね。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いつまでたっても「美智子さん」(-.-)
ヒロインになるためだったら、なんで利用するし、憎んでも余りあれば我子でも何でも、痛めつける、それが美智子さんだもんなぁ~
ななお 2018/04/22(Sun)05:23:05 編集
昭和電工を隠すためにチッソ水俣を利用したのかも
企業がもたらした公害はチッソ水俣病だけじゃない。

美智子さんの実妹が嫁いだ昭和電工による第二水俣

森永ヒ素ミルク

イタイイタイ病

四日市ぜんそく

カネミ油 etc. etc.

他にも、
企業によって公害病になって、
苦界に沈んだまま浮き上がれない人たちは多くいる。


公害病はチッソ水俣病だけではない。


‘’美智子さん‘’が殊更にチッソだけに心を寄せたのは何故なんだろう。


他へも慰問しているじゃないか、
という声で殴られそうだが、
美智子さんのチッソ慰問への回数は殊更に多いのは確かだ。


どうしてチッソだけを取り上げるのか?


昭和電工が引き起こした第二水俣病は、チッソが現在も続けている賠償からは、
はるかに遠い。

昭和電工は自分たちが原因の第二水俣病患者に対して、
賠償などほとんどしていない、
と言っていい。

昭和電工は同業者としてチッソを見て、
反省するのではなく逃げて隠し続けている。
それを咎める人が出てこない不思議。


昭和電工には美智子さんの実妹が、
原因判明後に、嫁いでいる。


‘’美智子さん‘’の実妹が社長夫人なら!
という希望を第二水俣病は抱いたのでは。
しかし昭和電工による第二水俣病を、
‘’美智子さん‘’は無いものかのように無視している。


美智子皇后は昭和電工による第二水俣病を隠すために、
チッソを利用しているように見えてくるのは私だけだろうか。
アッシュ 2018/04/22(Sun)07:50:52 編集
美智子さんには…
身内の企業の水俣病に対する、
作家の恨み節が込められているように思う。

水俣市に来て話を聞いてくれることは、
良いことだが、
水俣病は水俣市だけではない‼

美智子さん、アンタの身内の水俣病もある!

なんでそこには、行かんとね‼

うちらばかりに思いを込めず、
そちらにも思いを込めんとね‼

そうすれば美智子さんではなく、
美智子妃・美智子皇后と呼ぼう‼

アンタ、最期まで行かんとね‼

※管理人さまの文章と、本の一部を読んで、
作家さんの気持ちになって、書いてみました。

大和三山 2018/04/22(Sun)11:53:34 編集
この記事が
載っている冊子って、割と少数の人たちにしか手に入らないもののようですね。
(但し、会員さん以外でも申し込めば定期購読できるようです。スポンサーの顔色を窺わなくていい分、思い切ったことを書いた記事が載せられる感じ?)

新聞にしろ週刊誌にしろ商業マスゴミは、スポンサーの意に反したことは書きにくい傾向にある、ということがよく知られています。
だから、今上両ヘーカと石牟礼さんとの対面も(過剰すぎるほどの)"感動・感涙"、といったトーンでのみ報道され、ささやかな疑問を抱くことすら許されない状況になってしまう。

そのささやかな疑問とはまさに、アッシュ様が感じておられることですね。

>美智子さんは昭和電工による第二水俣病を隠すために、チッソを利用しているように見えてくるのは私だけだろうか。

同様のことを感じていても、声を上げられない人は多いと思います。
(第二水俣病の報道が驚くほど少ないことに疑問を抱いて調べ始めた人、それなりにいると思うし)
手白香 2018/04/22(Sun)13:05:58 編集
国体会長は、公害企業オーナー一族
辺見庸氏は、もともと記者ですから、当然のことながら第2水俣病の昭和電工が美智子皇后の妹の嫁ぎ先であり、なおかつ、この縁組による閨閥への仲間入りが、美智子さんのバックグラウンドになったことぐらい、百も千も承知でしょう。

熊本のチッソは、野口家による野口財閥として戦前から有名でしたが、公害問題発生以降は退いており(というより、悲劇的は最期じゃなかったかな?)、その後は滅茶苦茶になり、社員出身の社長や主要取引銀行から人を受け入れてやっていくほかなくなりました。

今の原発の再稼働問題と同じで、地元民が、工場の停止に大大反対し、漁民を犠牲にする政策をとり続けるという理不尽が続きました。
とにかく税収の大半をこの大会社に依存していて、みんなチッソで食べてたんですから。まだ当時は非常に貧しかったですしね。

こんな状態のチッソに派遣される銀行幹部にとっては、はっきり言って、「罰ゲーム」だったと思いますよ、誰も行きたくなかったでしょう。

一方の昭電は、基本的にオーナー色をそのまま温存し、公害発覚時の安西社長の後も、身内が社長、重役を務めていました。

上記の記事は、そういうことは一切書いてはいませんが、二人の作家は当然、熟知しているわけで、美智子さんへの困惑は、そういうことが背景にあることを匂わせるものだろうと思います。
「よくやるよ」って呆れてると思いますよ、特に辺見氏。

私が一番不快に思うのは、安西正夫社長の息子で美智子さんの義弟となった人物が、「日本体育協会」の会長を10年以上も務め、重要公務とされる国体の貴賓席に今上夫妻と一緒に座っていたことです。

http://www.japan-sports.or.jp/about/tabid140.html
(下の方に、歴代会長の写真と経歴が出ていて、安西氏も掲載されてます)

前々から思っていたのですが、国体公務の写真で、今上夫妻の近くに、この方が写りこんでいるものが見つかったら(たぶんどこかにあるはず)、ブログやツイッターをなさっている方に、是非是非、掲載してもらいたいと思います。
公人ですから、掲載に何の問題もないはずです。

未だこの当時、裁判が行われていて、被告企業の一族であるにもかかわらず、国体の会長に据えて、身内で公務をやっていた今上夫妻。
何が「犠牲者に寄り添う」でしょうか?むしろこうやって、口封じをしていたわけです。

なんで批判されないのか、不思議でなりません。

しかし、この女性作家も、結局は美智子さんに利用され尽くしてしまいましたね。
二人で手を取り合う写真が表紙の本を見て、友人曰く「ぞっとして、吐き気がする」と言ってました。





バースデーフラワー 2018/04/22(Sun)16:08:17 編集
やっぱりね
>前世紀末、石牟礼さんにちょうどパーキンソン病の診断が下った頃ではなかったか。

やっぱりね。
雅子さまが皇室に入られた後ですよ。

「息子の嫁の祖父がとんでもないことをしたので、アテクシが変わりに心を寄せます」

のパターンが大好きなのは朝日新聞。
あの2人が水俣に行ったとき、まだ我が家は朝日新聞を購読していましたが、はっきり雅子さまのお名前を出して、だからこそ両陛下は気にかけられているのだと書いてありました。
それをいまだに続けているのが北野隆一という記者。
江頭安太郎氏がどういう経緯でチッソに入られたのかも書かずに、まるで公害を引き起こした当事者のように。

「心を寄せる」「膝をつく」「慰霊に行く」「反対を押し切ってでも被災地に向かう」
こういうのが大好きなのも朝日新聞。
それをモラル・スタンダードというのなら反吐が出ます。
しらたま 2018/04/23(Mon)21:43:00 編集
最新コメント
[08/21 N.R.I. (何でも リアルに 言います)]
[08/20 ペリドット]
[08/20 青本]
[08/20 証拠になる記事あります]
[08/18 フレッシュバジル]
[08/18 なな]
[08/18 N.R.I. (何でも リアルに 言いたい)]
[08/18 コオロギ]
[08/18 魚茶]
[08/17 冥王星]
[08/17 なな]
[08/17 なな]
[08/17 アコヤパール]
[08/17 しらたま]
[08/17 もみじ饅頭]
[08/17 匿名で]
[08/17 ペリドット]
[08/17 手白香]
[08/17 大和三山]
[08/17 ハクサンイチゲ]
[08/16 大和三山]
[08/16 ハクサンイチゲ]
[08/16 無名]
[08/16 名無しの妄想屋]
[08/16 大和三山]
最新記事
(08/16)
(08/15)
(08/14)
(08/13)
(08/12)
(08/11)
(08/11)
(08/11)
(08/10)
(08/09)
(08/09)
(08/09)
(08/09)
(08/08)
(08/06)
(08/06)
(08/05)
(08/04)
(08/04)
(08/04)
(08/03)
(08/03)
(08/03)
(08/03)
(08/02)
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1
7
17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
Mrs Oakley Fisher
性別:
非公開
自己紹介:
「Mrs Oakley Fisher の 台所」の筆頭(あら、えらそうw)管理人が、枕代わりにしている本の感想文を置いています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/14)
(11/14)
(11/19)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(05/20)
(05/20)
(05/20)
(07/25)
(07/25)
(07/25)
(05/01)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
忍者カウンター
バーコード