屋根裏部屋でホコリをかぶっていた本を引っ張り出して来ました。ちょっと気になった部分だけを取り出して「個人の感想」を書いてます。
[1]  [2]  [3
なんかねー、聞いた話だけど、国際弁護士って肩書をつけたいなら、自動車の国際免許(韓国なんかすぐ取れるらしいね)と同じで、弁護士資格、とりやすいところでとればいいんだってさ。
アメリカなんかは州ごとに違ってとりやすいところがあるらしい。
もっとも、すぐ取れるのは、当然、携われる業務が限定されていたりして、実際にその資格でもって食っていくのは容易ではないらしいけれども、肩書として取るんなら、うわさのKK君(英語が出来るだけで法学部ではない)でも、現地でちょっと頑張って勉強すれば取れないことはないらしい。

それで、日本ではゴコームとしてお手振りしたり、頼まれ講演なんかで肩書(プロフィール)として使うっていうなら、十分やれるらしいよ。

中止になった眞子どんの婚約内定会見の話題と関連して、そんなことを管理人同士おしゃべりした。



  

アクセサリー好きみたいだから、

「国際弁護士」

うん、いいんじゃない?
本文を読むにはこちらからパスワードを入力してください。
 


>ヘカテー様のブログで管理人様のコメントされた雅子様の遠縁の野辺地様のことがあったのでクリックすると加茂さくらに繋がるので、えーと言う感じでした。
>そしてびっくりしたのですが彼女はかなりの才女だったようですね。(brubruさま wrote)


実は私加茂さくらさまの美声のファンでございますw

NHKの朝ドラでしたっけ、音楽の先生役でお出になって、本当に久しぶりのお声に感動、歌唱指導をされる時のその短いフレーズに聴き入りました。

その後、2chで恐ろしい噂wを読み、仰天いたしましたが、加茂さまはそのようなお方ではございませんでした(ホッ
実際は、○○ゲフンゲフン…www







 


徳仁天皇即位のみぎりには (ペリドットさま wrote)

敬宮様は女子なので資格がないのだが、男子だったら第二条の一に該当する。 
秋篠宮は男子なので資格があるが、第二条の六に該当する立場。 
せっかく一~五まで細かく決めているのに、六まで飛ぶか。ってことですね。 
で、管理人さま! 
>第八条  皇嗣たる皇子を皇太子という。皇太子のないときは、皇嗣たる皇孫を皇太孫という。 
をぜひ入れておいて下さいまし。 
第二条の一から五と、六との間にはふかーい断絶があるのです。 
一から五の該当者の方は、その上位の方が居ない(亡くなった)ときは、皇太子または皇太孫になられるのですが、 
六以下の該当者は皇太弟なり皇太甥なり皇太叔父なり皇太従兄弟にはなれないんですな。 
そこんとこ、よろしく、
ペリドット 2017/02/19(Sun)12:34:41 編集 

------

はしょりすぎでしたかね、皇室典範。
八条まで入れて再掲します。


   第一章 皇位継承
第一条  皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。
第二条  皇位は、左の順序により、皇族に、これを伝える。
一  皇長子
二  皇長孫
三  その他の皇長子の子孫
四  皇次子及びその子孫
五  その他の皇子孫
六  皇兄弟及びその子孫
七  皇伯叔父及びその子孫
○2  前項各号の皇族がないときは、皇位は、それ以上で、最近親の系統の皇族に、これを伝える。
○3  前二項の場合においては、長系を先にし、同等内では、長を先にする。
第三条  皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる。
第四条  天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。
   第二章 皇族
第五条  皇后、太皇太后、皇太后、親王、親王妃、内親王、王、王妃及び女王を皇族とする。
第六条  嫡出の皇子及び嫡男系嫡出の皇孫は、男を親王、女を内親王とし、三世以下の嫡男系嫡出の子孫は、男を王、女を女王とする。
第七条  王が皇位を継承したときは、その兄弟姉妹たる王及び女王は、特にこれを親王及び内親王とする。
第八条  皇嗣たる皇子を皇太子という。皇太子のないときは、皇嗣たる皇孫を皇太孫という。



--------

おやおや、おかしな連投コメントが現れたw(アクセス禁止して、コメント削除済)
この話、都合が悪い人間がいるの?

まぁ、いいや、続けよう、アンチ東宮のことなんか知ったこっちゃない。

----------

前の項、「生前退位」の続きだよ。

不思議だと思わないかい?

なんで「秋篠宮を皇太子待遇に」が、問題として出てくるの?

いや、いろいろイタコどもが言ってました。

ヘーカは「摂政はイヤ」と言ってました、大正天皇の時、宮中は天皇派と摂政派に二分されたからって(摂政の方が二分されないはずなんですがね、天皇の名においてやるんだから。それに天皇大権のある戦前のことじゃん)。

ヘーカは「太上天皇」と呼ばれることをお望みです。

ヘーカは今までの自分のやりようを、この後も「象徴天皇」のあり方として、後々までずっと続けていって欲しい。

こんなとこでしたかね?
しかし、ヘーカの「ひたすらの願い」にも、イタコどもの「ヘーカのお気持ち追補」のにも、「秋篠宮を皇太子待遇に」というのは出てませんでしたね?

てか、秋篠宮、今回の「生前退位話」に関係なくね?

ところが、(次の天皇は皇太子さまに決まっている、これは動かせないからなのか)次の天皇ではなく、「次の皇太子」を騒ぐ連中がいたんだな(気の早いw)。

いわゆる「ゆーじんサマへ皇統を繋ぎたい」という連中ですな。

この連中(朝日の岩井克己を筆頭に)は早くから「皇太弟、皇太弟」と言っていた。
最近のSAPIOの八木とよしりんの対談では、「呼び方はどうでもいいの、次の天皇になる方という意味で皇太子を使う」なんて言い始めてる。

しかし、前にペリドットさまに教えられたように、徳仁さまにもう絶対に男のお子様がお出来にならない、と確定しなければ(たいそう失礼なことながら、雅子皇太子妃にご不幸があって再婚され、その方に男のお子さまが生まれるかもしれないから)皇太子はたてられない。
継承順位がつけられているだけの話なのである。

天皇に空位があってはならないが(天皇が決まるまでその死を伏せたという前例はあるが)、皇太子は空位があってもかまわないのはそういう理由もあるからだろう。

それとも秋篠宮とそれを担ぐ連中は、徳仁皇太子を暗殺するなりして、ごくごく近い将来に排除するつもりでいるのかな?(こっわ)

「アキヒトさんの生前退位は1代限りの特例法でやる」

今回の政府の方針、これでかまわないと思うんだが、なぜ「秋篠宮」が出てくるのか?
なぜ、民進党などは、時間のかかる皇室典範改正にこだわって抵抗するのか?

私は、愛子天皇の話が本格化する前に、鯰に「皇太子(次の天皇)」のイメージを植えつけておこうという彼の取り巻きたちの浅智恵だと思うよ。
敬宮さまが本格的な公務活動をなさるまでには、まだ時間がある。
敬宮さまご自身ももっと勉強をなさりたいだろうし、ご両親もそうお考えだろうし。
その間に「帝王学は受けておられない鯰サマだが、何年も徳仁天皇を助けて、実質的な皇太子の地位にあった」と言いたいのではないか?

あの鯰に「徳仁皇太子」の代わりとなりうる活動ができるとはだれも思っていないけれども、なにカッコだけつけばよいのだ。

「以前は皇太子さまがやっておられた公務」の枕詞をつければいいだけ、内容は問われない。

戦災で焼けてしまった荒地に緑を、という昭和天皇が始められた緑化運動は、各県もちまわりで2順目に入った今は、天皇皇后が座るための特設ステージ作りのために木を切り、芝生を植え参列者の椅子を並べ、リョーヘーカがよく見えるように、大型スクリーン設置するんですよ?

世の中の変化は公務のありようも変化させると同時に、天皇の資質も公務を変化させるんです。

コーゴーとともに全国を旅したことを、アキヒトさんは「天皇の象徴としての行為」と位置づけていることでよくわかるように、何かにつけ、雅子さまがご一緒でないことを叩く皇太子ご夫妻批判と無関係とは思えない。
むしろ、国事行為より上位においているかのような「アキヒト・ミテコリョーヘーカの全国ピン刺し行脚」でしょ?
鯰と狐は、これくらいならまねできるでしょう。
キコさんも見てくれだけはまねできるんではないですかね?

この「皇太子待遇」は何になるかって?

気をつけないと、愛子天皇を認めろ、典範改正!って時に、憲法第一条の「世襲」にあたる、と強弁できるんではないですかね?
男子であるということ以外に、もう世襲されてると言いそうだなぁ。

「世襲」というのは、

その家に属した格式・仕事・財産などを、子々孫々うけついでゆくこと。

だからね。


「皇太子待遇」は、金銭的なこと以上に、鯰に「皇太子位」をやっちゃうのと同等なくらいの意味があるんではないですかね?

皇太子は立てられないけど、立てたも同然、って勝手すぎない?



---------- 皇室典範とにらめっこしやすくしておきます。

皇室典範
(昭和二十二年一月十六日法律第三号)
最終改正:昭和二四年五月三一日法律第一三四号
   第一章 皇位継承
第一条  皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。
第二条  皇位は、左の順序により、皇族に、これを伝える。
一  皇長子
二  皇長孫
三  その他の皇長子の子孫
四  皇次子及びその子孫
五  その他の皇子孫
六  皇兄弟及びその子孫
七  皇伯叔父及びその子孫
○2  前項各号の皇族がないときは、皇位は、それ以上で、最近親の系統の皇族に、これを伝える。
○3  前二項の場合においては、長系を先にし、同等内では、長を先にする。
第三条  皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる。
第四条  天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。
   第二章 皇族
第五条  皇后、太皇太后、皇太后、親王、親王妃、内親王、王、王妃及び女王を皇族とする。
第六条  嫡出の皇子及び嫡男系嫡出の皇孫は、男を親王、女を内親王とし、三世以下の嫡男系嫡出の子孫は、男を王、女を女王とする。
第七条  王が皇位を継承したときは、その兄弟姉妹たる王及び女王は、特にこれを親王及び内親王とする。
第八条  皇嗣たる皇子を皇太子という。皇太子のないときは、皇嗣たる皇孫を皇太孫という。
第九条  天皇及び皇族は、養子をすることができない。
第十条  立后及び皇族男子の婚姻は、皇室会議の議を経ることを要する。
第十一条  年齢十五年以上の内親王、王及び女王は、その意思に基き、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる。
○2  親王(皇太子及び皇太孫を除く。)、内親王、王及び女王は、前項の場合の外、やむを得ない特別の事由があるときは、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる。
第十二条  皇族女子は、天皇及び皇族以外の者と婚姻したときは、皇族の身分を離れる。
第十三条  皇族の身分を離れる親王又は王の妃並びに直系卑属及びその妃は、他の皇族と婚姻した女子及びその直系卑属を除き、同時に皇族の身分を離れる。但し、直系卑属及びその妃については、皇室会議の議により、皇族の身分を離れないものとすることができる。
第十四条  皇族以外の女子で親王妃又は王妃となつた者が、その夫を失つたときは、その意思により、皇族の身分を離れることができる。
○2  前項の者が、その夫を失つたときは、同項による場合の外、やむを得ない特別の事由があるときは、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる。
○3  第一項の者は、離婚したときは、皇族の身分を離れる。
○4  第一項及び前項の規定は、前条の他の皇族と婚姻した女子に、これを準用する。
第十五条  皇族以外の者及びその子孫は、女子が皇后となる場合及び皇族男子と婚姻する場合を除いては、皇族となることがない。
   第三章 摂政
第十六条  天皇が成年に達しないときは、摂政を置く。
○2  天皇が、精神若しくは身体の重患又は重大な事故により、国事に関する行為をみずからすることができないときは、皇室会議の議により、摂政を置く。
第十七条  摂政は、左の順序により、成年に達した皇族が、これに就任する。
一  皇太子又は皇太孫
二  親王及び王
三  皇后
四  皇太后
五  太皇太后
六  内親王及び女王
○2  前項第二号の場合においては、皇位継承の順序に従い、同項第六号の場合においては、皇位継承の順序に準ずる。
第十八条  摂政又は摂政となる順位にあたる者に、精神若しくは身体の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、摂政又は摂政となる順序を変えることができる。
第十九条  摂政となる順位にあたる者が、成年に達しないため、又は前条の故障があるために、他の皇族が、摂政となつたときは、先順位にあたつていた皇族が、成年に達し、又は故障がなくなつたときでも、皇太子又は皇太孫に対する場合を除いては、摂政の任を譲ることがない。
第二十条  第十六条第二項の故障がなくなつたときは、皇室会議の議により、摂政を廃する。
第二十一条  摂政は、その在任中、訴追されない。但し、これがため、訴追の権利は、害されない。
   第四章 成年、敬称、即位の礼、大喪の礼、皇統譜及び陵墓
第二十二条  天皇、皇太子及び皇太孫の成年は、十八年とする。
第二十三条  天皇、皇后、太皇太后及び皇太后の敬称は、陛下とする。
○2  前項の皇族以外の皇族の敬称は、殿下とする。
第二十四条  皇位の継承があつたときは、即位の礼を行う。
第二十五条  天皇が崩じたときは、大喪の礼を行う。
第二十六条  天皇及び皇族の身分に関する事項は、これを皇統譜に登録する。
第二十七条  天皇、皇后、太皇太后及び皇太后を葬る所を陵、その他の皇族を葬る所を墓とし、陵及び墓に関する事項は、これを陵籍及び墓籍に登録する。
   第五章 皇室会議
第二十八条  皇室会議は、議員十人でこれを組織する。
○2  議員は、皇族二人、衆議院及び参議院の議長及び副議長、内閣総理大臣、宮内庁の長並びに最高裁判所の長たる裁判官及びその他の裁判官一人を以て、これに充てる。
○3  議員となる皇族及び最高裁判所の長たる裁判官以外の裁判官は、各々成年に達した皇族又は最高裁判所の長たる裁判官以外の裁判官の互選による。
第二十九条  内閣総理大臣たる議員は、皇室会議の議長となる。
第三十条  皇室会議に、予備議員十人を置く。
○2  皇族及び最高裁判所の裁判官たる議員の予備議員については、第二十八条第三項の規定を準用する。
○3  衆議院及び参議院の議長及び副議長たる議員の予備議員は、各々衆議院及び参議院の議員の互選による。
○4  前二項の予備議員の員数は、各々その議員の員数と同数とし、その職務を行う順序は、互選の際、これを定める。
○5  内閣総理大臣たる議員の予備議員は、内閣法 の規定により臨時に内閣総理大臣の職務を行う者として指定された国務大臣を以て、これに充てる。
○6  宮内庁の長たる議員の予備議員は、内閣総理大臣の指定する宮内庁の官吏を以て、これに充てる。
○7  議員に事故のあるとき、又は議員が欠けたときは、その予備議員が、その職務を行う。
第三十一条  第二十八条及び前条において、衆議院の議長、副議長又は議員とあるのは、衆議院が解散されたときは、後任者の定まるまでは、各々解散の際衆議院の議長、副議長又は議員であつた者とする。
第三十二条  皇族及び最高裁判所の長たる裁判官以外の裁判官たる議員及び予備議員の任期は、四年とする。
第三十三条  皇室会議は、議長が、これを招集する。
○2  皇室会議は、第三条、第十六条第二項、第十八条及び第二十条の場合には、四人以上の議員の要求があるときは、これを招集することを要する。
第三十四条  皇室会議は、六人以上の議員の出席がなければ、議事を開き議決することができない。
第三十五条  皇室会議の議事は、第三条、第十六条第二項、第十八条及び第二十条の場合には、出席した議員の三分の二以上の多数でこれを決し、その他の場合には、過半数でこれを決する。
○2  前項後段の場合において、可否同数のときは、議長の決するところによる。
第三十六条  議員は、自分の利害に特別の関係のある議事には、参与することができない。
第三十七条  皇室会議は、この法律及び他の法律に基く権限のみを行う。
   附 則 
○1  この法律は、日本国憲法施行の日から、これを施行する。
○2  現在の皇族は、この法律による皇族とし、第六条の規定の適用については、これを嫡男系嫡出の者とする。
○3  現在の陵及び墓は、これを第二十七条の陵及び墓とする。
   附 則 (昭和二四年五月三一日法律第一三四号) 抄 
1  この法律は、昭和二十四年六月一日から施行する。

最新コメント
[07/19 ペリドット]
[07/19 松竹梅]
[07/18 ガーネット]
[07/18 しらたま]
[07/17 ほこり]
[07/17 手白香]
[07/15 ガーネット]
[07/15 手白香]
[07/15 射手座]
[07/15 index]
[07/15 index]
[07/14 手白香]
[07/14 ペリドット]
[07/14 ガーネット]
[07/14 ω君は生きてるの?]
[07/14 にこりん]
[07/13 画像があるから恐くない]
[07/13 太って太って太っての眞子さまは別人だそうです]
[07/13 HN 橋口 和子]
[07/13 大和三山]
[07/13 手白香]
[07/13 ななお]
[07/13 しらたま]
[07/13 冥王星]
[07/13 射手座]
最新記事
(08/15)
(08/14)
(08/02)
(08/01)
(07/31)
(07/17)
(07/13)
(07/12)
(07/11)
(07/11)
(07/11)
(07/11)
(07/09)
(07/09)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/04)
(07/04)
(07/04)
(06/30)
(06/29)
(06/29)
(06/29)
(06/28)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 7 8
10 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
プロフィール
HN:
Mrs Oakley Fisher
性別:
非公開
自己紹介:
「Mrs Oakley Fisher の 台所」の筆頭(あら、えらそうw)管理人が、枕代わりにしている本の感想文を置いています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/14)
(11/14)
(11/19)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(05/20)
(05/20)
(05/20)
(07/25)
(07/25)
(07/25)
(05/01)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
忍者カウンター
バーコード