屋根裏部屋でホコリをかぶっていた本を引っ張り出して来ました。ちょっと気になった部分だけを取り出して「個人の感想」を書いてます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
 


カラコン入れてねーちゃんを上回るアヒル口





短い挨拶文にも、お付きがマーカー引いて注意をうながし・・





ウヘヘ・・やらかしちゃった・・テヘペロ

これでごまかしたつもりか


(最後の写真はオランダのメディアに出ちゃったそうです)




 






  


公務の見直しとは言うけれど、こんなゴコーム、公務自体いらんじゃろ。
真子丼が参加者に「ふだんはどんなことしているの?」と質問したそうだけど、この質問からしてなーんの意味もないじゃん。

天皇には全国植樹祭、皇太子には全国育樹祭それぞれ公務があった。
今回のお代代わりで、鯰はただの宮家のくせに継承順位1位(+2位もいるぞ、と)皇太子と同等の地位を要求してコーシとなったが、皇太子の公務は引き継がない、ただし自分ちのコームをやる。

その自分ちのコームだが、真子どんが引き継いだ「みどりの感謝祭」、どさくさ紛れに娘が金に困らないように鯰がコーム先を譲ってやったんじゃないかな?

このゴコーム、アキヒト・ミテコがアキシノ可愛さにお財布代わりに作ってやったコームくさいんだな。
今年は29回目、つまりヘーセーになってから、わざわざ鯰を来させる意味がない。

主催は 「みどりの感謝祭」運営委員会

これはそういう委員会が常時あるのではなくて、事務局だけが関係団体の中にあって、対応してる。
その事務局はどこにあるかというと

「みどりの感謝祭」運営委員会
【事務局】
公益社団法人 国土緑化推進機構 担当:政策企画部 木俣、矢島、冨永
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館5F
TEL:03-3262-8437
FAX:03-3264-3974
林野庁 森林整備部 森林利用課 担当:永田、立山(たちやま)
〒100-8952 東京都千代田区霞が関1-2-1 
TEL: 代表  03-3502-8111(内線6217)
        直通  03-3502-8181(音声ガイダンスの後に84068)


公益社団法人 国土緑化推進機構、これは何者か?

全国植樹祭
 国土緑化推進機構と開催都道府県が主催。大会会長は衆議院議長。
全国育樹祭
 国土緑化推進機構及び開催地の都道府県が主催。大会長は参議院議長。


つまり、植樹祭と育樹祭の主催者なんだよね。
ただ、昭和天皇が始められた植樹祭の流れを汲んで、両方とも公務中の公務なので、お手当が出ない。

だから、小遣いが稼げるようなのを作ってやったというのはうがち過ぎ?

また、アキヒトさんが「アヤではどうか」って言ったかな?


事務局に林野庁が入っているのは、国の補助金の中からコソーリお小遣いを渡せるように

公益財団法人 国際緑化推進センター

を作ったからだと思う。
 クリックすると大きくなります


官僚の天下り先、大企業の元サラリーマン社長の肩書き用(そのかわり親会社はごっそり協賛金とやらを取られる)、大学教授のポケットマネー用、寄せ集めた人たちに紛れ込ませたお仲間にも給料や退職金という名目でお小遣いをあげることが出来るからね(東農大なんかアキシノがお世話になってますのお礼かも?)。

会計報告の中で金額の単位が大きいのが退職金の引当金だもんね、何が目的の団体かすぐわかるじゃんw



https://jifpro.or.jp/wp-content/uploads/2018/03/yakuin-kyuyo_h30.pdf

https://jifpro.or.jp/wp-content/uploads/2018/03/budget_h30.pdf


見直しがあると「公益」が外されることがあるけれど、クズとはいえ、鯰家のゴコーム先になってると、それは安泰なのかな?(国からの補助金は年間2億近く出てるね)kkk

秋田犬保存会も法人格を取り上げられそうになって、定款はつくりなおすわ、役員はいれかえるわで大騒ぎしたことあるからね、チラっと思っただけwww

 


 

 




百合子さま、車椅子から立ち上がられて・・いつまでもお元気でいらしてください!








皆さま、ご表情がにこやかでこちらまで嬉しいです。








オッと、異物が・・・










両陛下から離れて、ずーっと柱の陰に立ってろ。





わっ、皇后陛下に近寄るな、シッシッ











亭主には寄りもしないくせに・・・寄りすぎだろ(怒



 

こんなこと、ネットで言われているけど、分かってんのかな?





-------------- ところで「人相」





親娘、似てますねw

顔の真ん中がめりこんでますが、目と目の間を山根といい、責任を表すそうです。
山根が低いのは責任感がないという話ですw

当たってる?





ゆう仁に至ってはNOTHINGw 






この人らもなさそうやなぁ~w












責任感ありすぎ。









大きくしてみてびっくり

 



(利尻にて)


いやぁ、お年を召すと頭頂部が薄くなってくるのは男性だけではありません。
だからミテコサマはてっきりヅラをかぶっておいでかと思っていたけど、摩訶不思議な頭頂部の透け方ですわい。


書庫の整理してて見つけた。







 


自分の誕生日をカネ出して自分で祝うってのもなんか変な気がするんだが(普通は誰か本人以外の人が幹事になって祝ってあげるってスタイルが多いからさ)、それもケチで有名なキコさんが、自分の誕生日を盛大にやって、リョーヘーカはともかく皇太子ご一家まで呼んだっていうんだから、このニュースが出た時は、

キコさん、よっぽど嬉しいか見せびらかしたかった

のだろうと思ったんですが。

今年は、なーんにもないんですか?

わざと気がつかないようにしてる?

本当に、あの鼻息フンガーはどうしたんだろう?




---------- 参考:記事コピペ(画像では読みにくいといけないので)

 東京・千代田区にある『喜山倶楽部』は、1931年創業の伝統ある大規模パーティー会場だ。和会席からフレンチのコースまで専門スタッフが一流の腕を振るう同会場のケータリングが、9月11日の夕方、皇族方が暮らす赤坂御用地へと次々と運び込まれていった。
 その夜、御用地内にある秋篠宮邸で、紀子さまの51才の誕生日を祝う夕食会が行われた。3日に眞子さまと小室圭さんの婚約内定会見が行われ、6日に悠仁さまが11才の誕生日を迎えられた。誕生会の翌12日には、佳子さまが留学のためイギリスへと旅立たれた。
 秋篠宮家にとって、立て続けに大きな転機が訪れた中にあって、紀子さまの誕生会にもまた異例の光景が広がっていた。
 夜6時半、誕生会に出席されるため、天皇皇后両陛下を乗せた車が御用地内へと入っていった。
「皇太子ご夫妻の誕生会に両陛下が招待され、東宮御所に足を運ばれるのは毎年の恒例ですが、紀子さまの誕生会に両陛下が顔を出されたというのは、過去に聞いたことがありません。眞子さまの婚約を陛下がお認めになった『裁可』へのお礼や、佳子さまがしばらく日本を離れられるということもあって、今回両陛下が出席されることになったそうです」(皇室ジャーナリスト)
 誕生会には黒田清子さん(紀宮さま)と慶樹さん夫妻も参加していた。
「内親王から一般家庭に降嫁した“先輩”として、清子さんから眞子さまへのあたたかい助言などもあったのかもしれません」(前出・皇室ジャーナリスト)
 およそ3時間にわたって楽しまれたという食事と歓談。だが、さらに周囲を驚かせたのは、その場に皇太子ご一家も招かれていたことだった。
「当初、先に出席が決まっていたのは両陛下で、あとになって皇太子ご一家も参加される方向で調整されたそうです。園遊会や新年一般参賀など公に皇族方が揃う機会を除いて、両陛下、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻がプライベートの食事会などで一堂に会されることはほとんどありません。日頃はそれぞれでご公務や宮中祭祀でお忙しく、今回のような私的なご会食は年に数度あるかないか。それだけ貴重で珍しいことなのです。今回の実現の陰にはどうやら、両家の関係の将来を案じ、皇室が末永く国民の心のよりどころとなることを願う美智子さまのお気持ちがあったようなのです」(宮内庁関係者)
◆秋篠宮さまだけ残られた1時間
 誕生会から遡ること3日前の9月8日の昼頃、皇居では、陛下が生前退位のお気持ちを抱かれた2012年頃から恒例となっている、陛下、皇太子さま、秋篠宮さま3者による「頂上会談」が行われた。月1回のペースで行われる会談後の昼食には、美智子さまが同席されることもあり、皇室の行く末についてのお気持ちはご家族で共有されてきた。
 その日、皇太子さまが皇居を後にされたのは午後1時半頃。だが、秋篠宮さまが出てこられたのは、それから1時間も経ってからだった。
「眞子さまのご結婚までの今後の段取りなど、いろいろとお話しにならなければいけないことがあったのでしょう。そしてもう1つ、眞子さまの婚約内定会見と皇太子ご夫妻の重要公務がバッティングしたことへの言及もあったのではないでしょうか。それが、紀子さまの誕生会に皇太子ご一家も出席されるという珍しい事態につながったのかもしれません」(前出・宮内庁関係者)
 本誌・女性セブン既報通り、眞子さまの婚約内定会見が行われた9月3日、皇太子ご夫妻は「国民文化祭」へのご臨席のため奈良県を訪問されていた。皇太子の「八大行啓」の1つに数えられる重要な公務で、「ご体調次第」という前置きはあったものの、雅子さまの同行が期待される注目の公務だった。
「北九州の豪雨被害で婚約内定会見が7月から延期されるという予想外の事態があったので致し方ない面もあります。しかし、否が応にも世間の注目を集める婚約内定会見が皇太子ご夫妻の公務とぶつかってしまったことに、両家のすきま風を心配する声も聞かれました」(前出・皇室ジャーナリスト)
 皇室内には、明確な序列が存在する。「大殿下」の愛称で親しまれ、昨年100才で薨去された三笠宮崇仁さまは、昭和天皇の弟でありながら、皇位継承順位が上位である皇太子さまやその妻である雅子さまにも常に敬語で接していらっしゃったという。
「ですが、皇位継承権をもつ悠仁さまを紀子さまが出産されたことは、男児のいない皇太子家との“序列”を少しいびつなものにしてしまったのです」(前出・宮内庁関係者)
 生前退位が来年末、あるいは2019年3月に迫る一方で、「女系・女性天皇」や「女性宮家創設」といった皇室を巡る問題は、解決の糸口をみないままでいる。眞子さまの婚約内定によって、再び浮き彫りとなった「皇族の減少」という喫緊の課題もある。
 そんな状況にあって、皇室が一枚岩であるべきときに、両家の関係を危惧されていらっしゃったのは他でもない陛下であり、美智子さまだった。
「会見と公務のバッティングという話だけではありません。眞子さまのご婚約について、秋篠宮ご夫婦は両陛下には以前から丁寧にご報告されていた一方で、皇太子さまには充分に情報が伝わっていなかったという話も囁かれています。ご報告の“義務“があるかないかは別として、次の天皇への即位を目前に控える皇太子さまが知っておいた方がいいこともあったかもしれません。
 ご一家を紀子さまの誕生会にお呼びになったのは、そうした両家のバランスを正そうという美智子さまのご配慮があったのではないでしょうか。美智子さまと、雅子さまと紀子さまという“2人の嫁”との異例の夜が実現することになったのには、美智子さまの強いお気持ちがあったのでしょう」(前出・宮内庁関係者)
撮影/雑誌協会代表取材
※女性セブン2017年9月28日号


--------

結局、キコさん自身も真子丼と小室クンとの婚約が嬉しかったんですよね。
それが国は渋いし、案外自分ところからも援助してやらなくてはいけないことがわかって、一気に潰す方向へ向かったと、こんなところですかね?



最新コメント
[11/12 なな]
[11/12 文責・名無しさん]
[11/12 大和三山]
[11/12 真珠]
[11/12 手白香]
[11/11 大和三山]
[11/11 ブルーサファイア]
[11/11 のなめです。]
[11/11 手白香]
[11/11 ペリドット]
[11/11 ごんごん]
[11/11 手白香]
[11/11 ペリドット]
[11/11 ペリドット]
[11/11 ごんごん]
[11/11 ペリドット]
[11/11 ペリドット]
[11/11 真珠]
[11/11 ななお]
[11/09 まゆ玉]
[11/07 ペリドット]
[11/06 まる]
[11/06 まゆ玉]
[11/04 ささりんどう]
[11/04 ささりんどう]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
フリーエリア
プロフィール
HN:
Mrs Oakley Fisher
性別:
非公開
自己紹介:
「Mrs Oakley Fisher の 台所」の筆頭(あら、えらそうw)管理人が、枕代わりにしている本の感想文を置いています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/14)
(11/14)
(11/19)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(05/20)
(05/20)
(05/20)
(07/25)
(07/25)
(07/25)
(05/01)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
忍者カウンター
バーコード