屋根裏部屋でホコリをかぶっていた本を引っ張り出して来ました。ちょっと気になった部分だけを取り出して「個人の感想」を書いてます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
 <1>日本の女性議員(三浦まり編著/朝日選書/1728円)
 <2>孝謙・称徳天皇(勝浦令子著/ミネルヴァ書房/3780円)
 <3>折口信夫天皇論集(折口信夫著、安藤礼二編/講談社文芸文庫/1512円)
講演で地方に行くと、聴衆のほぼ全員が男性という場合がある。地元の県議や市議、企業の有力者などが聴衆の場合は特にそうだ。このことを口に出すと、みな驚いたような顔をする。あまりに当たり前すぎて、気にも留めていなかったかのような反応をされるのだ。
 しかし<1>を読むと、日本が世界の流れからいかに取り残されているかがわかる。衆議院に占める女性議員の比率は9・5%で191カ国中156位、市町村議会では2割超にあたる368の議会が女性ゼロとなっている。20世紀後半から世界的に女性議員を増やすためのさまざまな試みがなされ、多くの国では女性の比率が飛躍的に上がったにもかかわらず、日本は上がってもこの程度なのだ。
 <1>があぶり出したのは、女性議員の増加を阻むこの国の政治風土の根強さであった。だが、歴史をさかのぼると、日本にも全く違う時代があった。<2>は8世紀、つまり奈良時代の女性天皇である孝謙天皇に焦点を当てている。この天皇は、いったん譲位したあと、再び称徳天皇として即位している。
 称徳天皇は、宮廷で多くの女性を登用した。765(天平神護元)年に授与した位階と勲等を男女別に見ると、位階は男性54名に対し女性44名、勲等は男性28名に対し女性15名に与えている。いまよりもずっと政権の中枢に女性が進出していたのがわかろう。「女性が輝く社会」をスローガンとする安倍政権は、奈良時代を参考にすべきではなかろうか。
 では、現在の日本で女性が政治的に存在感がないかといえば、そんなことはない。中でも現皇后のカリスマ性は際立っている。天皇が権力をもつことは憲法で禁じられているとはいえ、被災地で現皇后が現天皇とともに祈る姿は見る者の心を揺り動かす。そればかりか最近では明治初期に作られた「五日市憲法草案」を称賛するなど、憲法改正を目指す安倍政権に対抗するかのような発言が注目を集めている。
 <3>に収録された「女帝考」によれば、仲哀天皇の妃とされる神功(じんぐう)皇后は、神と天皇の中間に立つ「ナカツスメラミコト」であった。現皇后もまた「ナカツスメラミコト」になることで天皇よりも神に近づき、その言葉が一層重みを増しているのではなかろうか。<1>のような数値に現れることはないが、ここにも日本の政治風土が反映していると思われる。


--------------

毎日の真鍋が出張費の不正請求(でしたっけ?)で飛ばされたので、皇室について多くの本を出しておられる原さんが、代わりを務めておられます。

リョーヘーカが京都御所で「靴を脱ぐのは嫌だ」とごねたことをばらした原さんでしたが、いまだに必死に償いをしておられるのでしょうかw
 

重要文化財「黄瀬川陣」を前に皇后さまは、
2枚のびょうぶに描かれた対面する源頼朝と弟・義経の姿を見比べ

「距離感のようなものが素晴らしゅうございますね」

と感心した様子で話されていました。


 

Nブログで美智子皇后が皇太子妃だった時、新聞記者の煙草に火を点けてやった、という話題が出て、さてさてどういうシチュエーションで「オミズ的サービス」に及ばれたのかと、確認しようと本を引っ張り出してきた。
板垣恭介「明仁さん、美智子さん、皇族やめませんか」である。
この板垣さんという元宮内記者は別に「無頼記者」という本も書いていて、行儀の悪いことを自慢する傾向にあるようで、この本も、何の因果かガラが悪いのに上品の見本のような宮中が仕事場になり、かまうもんかい、暴れてやったぜーという自慢まじりの武勇談を書いているのかと思っていた。
何せぱらぱらとしか読んでいない。
美智子さんが煙草に火を点ける部分を探し出して「あー、ホントだー、火を点けた!」で終わってしまったからである。

----------------------

今回、気になった部分を少しずつ拾っていくことにする。
まず、宮内庁記者クラブというのはどういうところで、どんな風に皇族と話をするのか、ということである。
明仁・美智子の時代には、皇太子妃が記者に煙草の火をつけてやるくらい親しかったのに、なぜ、平成になって天皇皇后となられたらバッシングが起きたのか?
皇后バッシングの先鋒だった文藝春秋社に銃弾がぶち込まれて後、美智子皇后はバッシングされることはなくなったが(それどころかどんなことでも美談になっている)かわりに皇太子妃、さらには皇太子ご一家全員がバッシングされている。
それも「退位せよ」とまだ即位もしておられぬのに、理不尽な叩かれ方をしている。

最新コメント
[04/22 バースデーフラワー]
[04/22 手白香]
[04/22 大和三山]
[04/22 アッシュ]
[04/22 ななお]
[04/21 大和三山]
[04/21 なな]
[04/21 ななお]
[04/21 N.R.I (何でも リアルに 言います)]
[04/21 大和三山]
[04/21 大和三山]
[04/21 三田村金魚]
[04/21 ソースがあるから怖くない]
[04/21 同じ穴のムジナ、どっちも宮家の配偶者らしくない]
[04/21 しらたま]
[04/21 大和三山]
[04/21 大和三山]
[04/21 大和三山]
[04/21 大和三山]
[04/21 三田村金魚]
[04/21 手白香]
[04/21 しらたま]
[04/20 界面活性剤]
[04/20 手白香]
[04/20 天城連山]
最新記事
(04/22)
(04/21)
(04/20)
(04/20)
(04/20)
(04/20)
(04/20)
(04/20)
(04/15)
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/14)
(04/11)
(04/11)
(04/11)
(04/11)
(04/09)
(04/09)
(04/09)
(04/09)
(04/07)
(04/07)
(04/07)
(04/06)
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
8 10 12 13
16 17 18 19
23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
Mrs Oakley Fisher
性別:
非公開
自己紹介:
「Mrs Oakley Fisher の 台所」の筆頭(あら、えらそうw)管理人が、枕代わりにしている本の感想文を置いています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/14)
(11/14)
(11/19)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(05/20)
(05/20)
(05/20)
(07/25)
(07/25)
(07/25)
(05/01)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
忍者カウンター
バーコード