屋根裏部屋でホコリをかぶっていた本を引っ張り出して来ました。ちょっと気になった部分だけを取り出して「個人の感想」を書いてます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
 

----------

こんなメールをいただきました。

私の故郷宮城に皇太子ご夫妻が復興視察に訪れて下さいました。
今夜のNHKニュース7では最後のほうで30秒ほど取り上げられておりましたが、仙台放送局では3分程の動画がアップされておりました。
以前お越しの際も熱烈な歓迎でしたが、今回も同様に歓迎を受けておられて、嬉しかった

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171101/k10011207281000.html @rink

-----------

以前の震災後の皇太子ご夫妻ご視察で、私が思い出すのは、メディアのやれリョーヘーカ一番乗りの、秋篠宮より出遅れた皇太子ご夫妻のと、雅子さま、愛子さまを叩きたいがタメの順番非難とか、それに調子に乗って復興に頑張っておられる方々のブログ(皇太子ご夫妻が激励に来られたとニュースになりました)を荒らしまわったアンチ東宮たちの跋扈ですね。

いかにも関係者を装った風の皇太子ご夫妻非難がいかに的外れであったか、美談風に作っても作っても、決して真実を映し出していないリョーヘーカとアキシノノミヤフーフ。
東日本大震災被災地訪問のついでに必ず遠野ビーフ(鯰のお勧めらしい)を所望し、ぺろりと食べて時にはおかわりもする老夫婦。
一応の混乱がおさまったので被災者たちは帰宅し、避難所になっていた公民館は閉鎖されていたのを、もう一度、彼らを呼び戻して「ご訪問」のカッコをつけさせたヒットーミヤケ当主とその女房。

一方、被災者たちの待つ仮設住宅を訪問された雅子さまはこう仰ったそう。
「まぁ、こんな雨の中で私を待っていてくれなくてもいいのに。さぁ、中へ入りましょう」

現地からの報道が伝えたこの一言が、皇太子ご夫妻がどれほど歓迎されたか如実に物語っているではありませんか。

「雅子さま、ご自分も調子が悪いのに来てくれた」
「皇太子ご夫妻は優しかったです」

一番乗り!
続いて二番!

こんなことは重要ではないんです。

仙台に友人がいる人が、そろそろ落ち着いた頃だろうかと電話をかけました。
繋がった!とホッとして大きな声で「もしもーし!」すると、電話の向うで小さなかわいい女の子の声がしたそうです。
「パパ!?」
その友人は閖上へ貝の仕入れに出かけていて被災したのです。
待って待って待っていたんでしょうね、お父さんからの電話を。
太い男の声が聞こえてきた時の女の子の驚きと喜びを想像するといまだに胸がつまります。

今回皇太子ご夫妻が訪問された名取市、震災から1年後、2/3管理人と私も行って来ました。
知り人が大勢いたので。
何にもなかったですよ。



秋田大館からぐるりと花巻経由で回ったのですが、陸前高田も何にもありませんでした。
だだっ広い荒地を渡っていく風は、かすかながら、まだぷんとにおいました。
嗅いだことのないいやなにおいです。
これが死臭かと思いました。

「目の前を小屋ごと犬が流されていくんさ、助けてやりたくても助けられねくて」
「支部長さんも亡くなったし、あそこの犬こも全滅だった。」
「あの世で再会してるべ」

あれも死んだ、これも死んだ、あの人もこの人も。
人も犬も、もうみんな生きちゃいめえと聞かされた旅でした。
そして、幹線道路は再開していても、なお不便な旅でありました。

皇太子ご夫妻は東京へトンボ返りされました。
理由わかります?
いろんな理由があるとは思いますが、たとえ1泊であろうと、被災地が皇族を受け入れる大変さを皇太子ご夫妻は考えられたのだと私は思いましたよ。
でも特に週刊誌は泊まりの公務がまだ出来ないとか、愛子さまのことを異様に心配するとかばっかり書いてましたよね?
皇太子ご一家を貶めていた皇室ジャーナリストの誰が被災地を見舞ったでしょうか?
あるいは自分の足で取材したでしょうか?
新幹線の中で「療養中の雅子さまは焼肉弁当を召し上がった」と書いたのはアカヒでしたっけ、毎日でしたっけ?

大地震の被災地報道に名を借りて、毎週のように皇太子ご夫妻叩きをしていた無神経なマスゴミを思い出して腹が立ちます。
手白香さま wote  2017/09/24(Sun)11:55:47 


活字メディアの配信記事を比較してみた
昨日のテレビニュースではどの局も、このニュースを比較的好意的に報じていました。 
それでは、各新聞社や通信社の配信はどうだろう?とググってみましたところ・・・。 
文面はだいたいテレビ報道の原稿と大きく変わらない。 
そこで、記事に貼られたご夫妻のお写真を比較してみると・・・。 
(日経記事は写真無し、毎日はログイン記事でしたので除外します) 
まず、産経と時事通信。 
http://www.sankei.com/life/news/170923/lif1709230025-n1.html 


https://www.jiji.com/jc/article?k=2017092300376&g=soc 


双方とも、ご夫妻が壇上で拍手されるお写真を使って 
います。 
その一方で、やはりアカヒは酷かった。 
http://www.asahi.com/articles/ASK9R3G9GK9RUTIL001.html


記事文は普通なのに、お写真はわざと、お二人がお席を離れられる途中?という中途半端なショットを使っている。 
こうした写真のセレクションに、東宮ご一家に対するアカヒの悪意がそこはかとなく窺えます(怒)



-----------


秋家の壊れた自転車キコカコマコがしょっちゅう股を開いていると指摘されてるので、悔し紛れに「皇太子妃だって!」と血眼でそれらしき写真を捜して載せたんですかね?

報道機関のくせに、何をトチ狂っているのでしょうかw




ところで、こんな画像を読者の方からいただきました。↓




「発足40周年」ですから30年前ですね。
まだ浩宮さまと呼ばれていた頃ですが、皇太子さまのご公務は、付け焼刃ではなく、地道に継続されてきたものだということ、昔からただのお手振り公務ではなかったことがよくわかります。

「時代に即した」

「時代の変化に伴い」

「時代とともに変っていく」

これらは、皇太子さまのお言葉によく出て来るフレーズですが、実際にずっと続けておられる活動やご公務からも、ご自身の肌で感じ取られているお言葉なのだろうな、と思いました。

新聞記者もカメラマンも、皇太子殿下の持続力には適わないことをよくよく噛み締めて、取材をしてほしいものです。

岩井がキコさんに擦り寄って一気に御所のかしこきあたりにまで影響力を及ぼすようになった弊害に、若い記者たちが気づいてくれ、妙な思い入れやあれこれ画策することなく真摯な態度で皇室報道をしてくれる日がくることを祈ります。


>「うちはバッシングに加わらなかった」
>「皇族もまた、抑圧の中で暮らす同じ『人間』。そのお気持ちを汲み取る必要があると考えています」(女性自身編集長:内野成礼氏)

ミテコ自身と言われる週刊誌だもの、さんざ持ち上げてきてんだから、今さらバッシングは出来ないわね。
それをドヤ顔で言われましても…だわw
でも「皇族もまた、抑圧の中で暮らす同じ『人間』云々」というのは嘘くさい。
だって、雅子さまや愛子さまのことはヘーキで叩いていたし、今も巧妙に「皇太子ご一家sage」の書き方をするからね。





>国体と象徴の間には、何か継続したものがある。そのことを私たちがまざまざと見たのが、昭和天皇の〝崩御〟だったと思えてなりません。

そうよー、「象徴」だったから、死の床にあられても昭和天皇は「象徴」だった。
アキヒトさんは「ボクはオヤジと違って最初っからショーチョーだ」といばるけれども、

「天皇が崩御すると、もがりって言ってね、家族がとっても忙しいんだよ」

なんてこと言いだして、生前退位を国民に直接訴えたかと思うと

「政府の特例法についてはご不満」

おとなしく引退するのかと思いきや

「上皇と上皇后になって自分の考えに沿った公務(もどき)もやる」と、何も生前退位しなくても今と大して変んない状態をお望み。

いったい、アキヒトさんと言う人は、「象徴」をどのようにとらえているのか?
やたらと女房連れで出かけて、どうも女房が手を入れてるらしい原稿を読み上げ、たまに「つい出ちゃった」言葉は、文句たらたら…。

自分は昭和天皇と違う!自分流の象徴天皇をやるんだ!と言い切っているんだから、次の天皇になる徳仁皇太子に次代をまかせりゃいいのに、こっちは「ボク朕と同じことを同じようにやれ、やれ!やらないなら廃太子して秋篠にやらせるぞ」と圧力かけてる。

日本国憲法における「象徴天皇」は昭和帝で一旦途切れた、と見るべきか?





な、アキヒト天皇と言えば、出てくる写真がこればっかり ↑

これしかない人なんだよ。
実際にアキヒトさんって「最大の功績は美智子さんを嫁にもらったこと」って言われてた。
そりゃ、嫁が来なければ浩宮さまの誕生はなかった。

アキヒトさんもミテコサマもこの幻影を今でも大事に追っかけている。

でも、このご成婚パレードの成功で、アキヒト&ミテココンビは、自分たちを過大評価してしまった。
今でも何かっていうとこの馬車パレードをテレビで流すけれども、平成になってから30年近く、「慰霊」の名目での国内外へのお出かけがただの「お遊び」にすぎなかったこと、「先の大戦」と言う言葉はアキヒトさんにとって必ずしも「反省」の立場に立ったものではなかったこと…

ばれてるでしょ?

だって、あんだけ名代として飛び回ったのに、ヨーロッパもアメリカも

「昭和天皇に来ていただきたい」

だったもんね。

ヨーロッパの王族は国連でも発言するし、自前の「平和研究所」も持っていて、時には世界に対して自主活動も行う。
エリザベス女王も、ハーグの国際司法裁判所へ出向いて意見をかわすこともある。

日本の皇室も国際社会への貢献として平和研究くらいしてもバチはあたらないと思うのに、全然やってないでしょ。
タネをまくことすらやっていない。
皇族として細々とその路線を繋いでおられたのは、三笠宮家や高円宮家だった。
天皇皇后が出来なきゃ、皇太子ご夫妻にまかせりゃいいのに、子飼いの皇室担当記者(ヒワイとか)を使って、

「皇太子の水の研究は政治的になりやすい」

なんてガセ記事を書いて足を引っ張る。

「皇太子妃はアメリカで教育を受けたので日本のことをよく知らない」
「皇族に学歴主義を持ち込んだ」

と全く正反対の印象を国民に植え付ける。

ヒワイを初めとする皇室記者、皇室ジャーナリスト、平成の歴代宮内庁長官に言いたいんだけど、国民が雅子さまの皇室入りを熱狂的に喜んだのは、

綺麗(奇抜)な服をとっかえひっかえして出かけ手を振るだけのミテコサマ

に全く満足していなかったからだよ。




>(ヘーカは)そばにいた侍従に声を掛けた。「これからは新しい発想でいこう」
>60年以上続いた昭和のやり方が、宮内庁の壁の隅々まで染みこんでいた(元侍従)

そうかな?

ことわざに

「下手の考え休むに似たり」

っていうのがあるけど、「新しい発想」が必ずしも良い訳ではないことはわかってるでしょ。

ちょっと考えれば、

「昭和は全否定、平成は何でも新しく」

こんな発想で雑に否定されていって良いものなんて、世の中にはないよ。
まして言い出しっぺのアキヒトさん自体、学業からして「およろしくない」と言われていたし、人望もなかったし。

>代替わり後、現在の皇后様と比べて、療養が続く雅子さまへの批判が強まる可能性がある。

自分が否定されないよう、上皇后として引き続きメディア統制に力を入れる気満々のミテコサマw
もう牽制球を放っているよ(アキレタ

ミテコサマが息を引き取らない限り、雅子さまバッシングは終わらない

ってことですかね?



>知人が「気にされなくていい」と慰めたが、(ミテコサマは)「この雑誌は発行部数も多くて、影響が大きいのよ」とこぼしたという

この1行で、「週刊誌皇后」の正体があからさまになってますw

見てくれが一番大事な人なんだ、ミテコサマは。

雅子さまバッシングの記事があふれていても、ミテコサマ賛美記事がもれなくついていればご満悦。
皇后が天皇を「おとうさん」と呼んだという部分だけをとりあげて(その文章の主旨は別だったが)「そんな呼び方はしません」と訂正をいれさせる。
その細かさたるや、「発行部数」もクソもない。
皇后は、こんなに週刊誌をチェックしてるのか、と国民もあきれるほどだ。

それよりも、この「大内糺」騒動の時、国民があきれたのは

皇后陛下が週刊誌記事に直接抗議した!

この1点だったこと、ご存じない?

うちの亭主なんか「なんで宮内庁でなく皇后に直接言わせるんだ?」って言ってたよ。
当時は私もミテコサマに騙されていた口だから、「お気の毒に」と思っていたけどさ、今から思えば「直接文句言ってやりたくてやりたくて、言ってやったわ!」ってとこだったのかな、と。

少なくとも「宮内庁からの申し入れ」にとどめておくべきでしたね。

----------

記事を送ってくださった方、有難うございました。

私はミテコサマが再びあの「皇后バッシング」を気にしだして、いい訳をし始めた、というように取りましたが、皆様のご感想はいかがでしょうか?
この週末は見たくないもの沢山流れると思うと憂鬱です、というメールをいただきました。
これからの拷問に備えて、目の保養をたくさんしておいてください、ということですw
有難うございます。

-----------



>「スウェーデン王室の慶事が流れてきました。
カール・フィリップ王子とソフィア妃に、第二子誕生、王子様だそうです。
お名前は月曜に議会を経て発表となるようです。
病院へお祝いとお見舞いにいらしたご家族が、実に自然体で嬉しそう。
芝居がかった日本の天皇・皇后とは大違いです。」


------------------






>「このように温かな集合写真を久しく日本では見ていません」

おっしゃるとおり。
だからω付きをムリクリ作ることになる、そしてヘーキな顔が出来るの。


-------------









 


三者会談のことはテレビのニュースにもなりましたが、お帰りの皇太子殿下がずいぶんお疲れのご表情を見せられていたそうです。

「もしかして、あの『女性天皇』を望む意見広告のことで、悠仁に繋げたいあの二人に責められたりはしていないでしょうか?心配です」

こんなメールをいただきました。

ヘーカや鯰はしょっちゅうメディアを使って印象操作したり、自分の希望を先にNHKなどにリークし、内閣府の方がオタオタするってこと何度もありました。

ふむ、自分がやってると人もやってると勘ぐるってことは、ヘーカや鯰にはありそうですね。
下衆ってことですかw

でも、あの意見広告は

完全にただの庶民の意志

でなしとげられたことですから!

バックが何にもないんですよ。

だから、1000万円の全面広告ではなかった。

INDEXさまと執行部の皆さまの奮闘のおかげで紙面1/3がようやく買えたのです。

そのお金は一般庶民がポケットマネーやへそくりを出し合ったものですよ!

NHKや大建築会社を裏で動かすことを恬として恥じないヘーカや秋篠宮とは違うんですよ。


安心して下さい。

皇太子殿下は絶対に自分の都合のよいようにメディアに言わせるなんてことなさいませんから。
こういう高潔な方だから、次の天皇に「早く」なっていただきたい。
そしてお父さまの薫陶を受けられている愛子さまに次の皇太子になっていただきたい、と思っているんです。


----------

それより、皇太子殿下はトヨタのクラウン。
鯰はBM

ミテコサマの息のかかっている週刊誌その他は、外国製品を使っている秋篠宮を


贅沢だ!


と叩くように。

最新コメント
[10/17 診断書は診察してから書くものです]
[10/17 手白香]
[10/17 昭和半ば生まれ]
[10/17 手白香]
[10/17 絶対匿名 その2]
[10/17 絶対匿名]
[10/17 しらたま]
[10/17 白いカラー]
[10/16 名無しの妄想屋]
[10/16 射手座]
[10/16 大和三山]
[10/16 大和三山]
[10/16 大和三山]
[10/16 ウィルヘルミナ]
[10/16 カルテ番号 774]
[10/16 手白香]
[10/16 ソースがあるから怖くない]
[10/16 ソースがあるから怖くない]
[10/16 手白香]
[10/16 手白香]
[10/15 なな]
[10/15 大和三山]
[10/15 J.登代]
[10/15 ソースがあるから怖くない]
[10/15 手白香]
最新記事
(09/30)
(09/30)
(10/20)
(10/19)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/15)
(10/14)
(10/14)
(10/14)
(10/11)
(10/11)
(10/09)
(10/09)
(10/09)
(10/04)
(10/04)
(10/04)
(10/04)
(10/04)
(10/02)
(10/02)
(10/02)
(10/02)
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 3 5 6
7 8 10 12 13
17 18
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
Mrs Oakley Fisher
性別:
非公開
自己紹介:
「Mrs Oakley Fisher の 台所」の筆頭(あら、えらそうw)管理人が、枕代わりにしている本の感想文を置いています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/14)
(11/14)
(11/19)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(05/20)
(05/20)
(05/20)
(07/25)
(07/25)
(07/25)
(05/01)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
忍者カウンター
バーコード