屋根裏部屋でホコリをかぶっていた本を引っ張り出して来ました。ちょっと気になった部分だけを取り出して「個人の感想」を書いてます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
 


<生前退位 こう考える> 横田耕一さん
◆「公務とは」まず考えたい
 天皇陛下が八日に表明した「お言葉」は、天皇としての立場ではなく、天皇である個人としての立場で述べられました。個人の立場とはいえ、象徴天皇制のあるべき姿について踏み込んだ話をしています。その内容は、憲法的に賛成できない点がいくつかあります。
 一つは、憲法は天皇の任務として「国事行為のみ」と定めていますが、お言葉の「国事行為や、その(天皇の)象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます」からは、天皇は国事行為以外の公的行為もやるべきだという印象を受けます。天皇がしなければならないのは国事行為のみであって、政府の見解でも、公的行為は「やってもよい」とされる行為です。
 国事行為は、憲法で内閣の助言と承認が必要とされています。一方、憲法に規定がない公的行為は、内閣が責任を負うとされていますが、天皇の主導権を認めていて歯止めがありません。天皇陛下の忙しさは、その多くが公的行為です。
 もう一つは、「天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには」のお言葉から、天皇が国民をまとめるような印象を受けることです。これも、憲法は天皇に国民をまとめることを求めていない、という憲法学の通説とはずれがあります。
 憲法の「国民統合の象徴」とは、天皇に国民統合を期待しているのではなく、天皇は国民統合を表しているものにすぎません。ただし、社会心理的に統合する機能を果たす、と解釈されています。例えると、天皇は国民を積極的にまとめるような扇の要ではなく、国民の姿を映す鏡です。とはいえ、象徴天皇制があることで、結果的に国民をまとめるような働きはあるとの考え方です。
 天皇陛下は生前退位という言葉を使わなかったものの、生前退位の希望を述べたことは自明です。憲法は天皇が「国政に関する権能を有しない」と定めています。お言葉がテレビで一斉に放映され、退位の制度化に向けて政治が動きだすのは憲法上、望ましくありません。こうした状況をつくった宮内庁の責任は大きいと言えます。
 本来は陛下の気持ちを忖度(そんたく)して、宮内庁が内々で検討したり、内閣に伝えたりして話を進めるべきです。陛下は五年ほど前から、内部でお気持ちを漏らしていたと伝えられています。政府はもっと早い段階から、議論を始めるべきだったとも言えます。
 皇室典範の改正は、お言葉を述べた天皇陛下をイメージしながら、差し迫った状況で慌ただしくやる議論ではないと思います。大きな目でいろいろなことを考えて、じっくり結論を出すべきです。
 国民主権の原則から言えば、「陛下がこう言ったから」という理由で議論するのではなく、陛下の事情とは別に、天皇制のあり方を客観的に考え、その中で生前退位の是非を検討すればよいと思います。その場合、「天皇の公務とは何か」から考え直す必要があるのではないでしょうか。
 (聞き手・森川清志)
 <天皇の行為> 政府は天皇の行為について、法律の公布など13項目の国事行為と、国内各地への訪問など象徴の地位に基づく公的行為、宮中祭祀(さいし)などその他の行為の三つに分類。国事行為は憲法で規定されているが、公的行為とその他の行為は規定がない。公的行為は他に新年一般参賀、国会開会式や全国戦没者追悼式への出席、外国訪問などがある。
 <よこた・こういち> 1939年、高知市生まれ。東京大大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。九州大教授、流通経済大教授を務めた。専門は憲法学。著書に「憲法と天皇制」、共著に「国民主権と天皇制」「象徴天皇制の構造」など。


-----------

宮内庁の責任ではあるけれども、天皇の公的行為は天皇の主導権を認めているわけで、これはスケジュールに空きがあるとすぐに「何か予定はないか」とこちらから作ってでも入れさせる、という週刊誌記事にも合致しているところを見ると、宮内庁ではあんまり天皇から「やいのやいの」言われて、もうハイハイと言うことを聞いてる状態?

横田氏は触れなかったけれど、

「摂政は嫌」
「公務を減らすのも嫌」

と、アキヒトさんは明確に「お言葉」の中で「気持ちとして表明」しているつもりかもしれんけど、全然理屈になっていないのは、宮内庁や政府が何年か前から取った姿勢を明確に否定しているわけですよね。

憲法違反と言われる恐れがある、と知らされていて、それなら「生前退位」を使わなきゃいいんだろうって、単純に考えたアキヒトさん。
アキヒトさんが、憲法をよく理解していないということ、自分の我を通すためにいきなり国民にだまし討ちのような情報を自ら垂れ流した、ということ、がよくわかったビデオレターでした。

これって、憲法云々より「天皇としてひどいじゃないか」って私は思うんですけどね。

本文を読むにはこちらからパスワードを入力してください。
 

「摂政」案軸に負担軽減=陛下の意向、昨秋に把握-官邸〔深層探訪〕
時事通信 7月16日(土)8時33分配信
 
 天皇陛下が、天皇の位を皇太子さまに生前に譲られる「生前退位」。陛下の意向は宮内庁の風岡典之長官を通じ、昨秋までに水面下で首相官邸に伝えられた。官邸は昨年10月ごろから杉田和博官房副長官を中心に、ごく少人数で対応を協議。今年に入り特命チームを極秘に設け、陛下の摂政を置くことを軸とする負担軽減策を検討してきた。
 ◇憲法上の疑義
 「事柄の性格上、コメントは差し控えたい」。安倍晋三首相は14日、天皇陛下が生前退位の意向を示されていることについて、具体的な言及を避けた。憲法が絡む難しい問題をはらんでいるとの認識からだ。
 杉田氏らが宮内庁長官の報告を受けて、検討に着手したのが昨年10月。内閣法制局や宮内庁を交えて協議を重ねてきたが、「天皇の即位と退位の自由は憲法上、認められていない」(政府関係者)との解釈に落ち着いた。天皇が退位の意思を表明すれば、法改正を促す「政治的発言」と受け取られる恐れがあるためだ。
 結局、杉田氏らは、生前退位を制度的に担保するには「憲法改正か(天皇の意思表示なき)強制退位しかない」といったんは結論付けた。だが、強制退位は、時の政権の意向で天皇を退位させることにつながりかねない。このため、首相も「陛下の意思によらない制度はつくるべきではない」と明確に否定した。
 これを受け、官邸は年明け以降、内閣総務官室に特命チームを設け、生前退位ではなく、皇室典範に基づく摂政や、臨時代行を置くことを軸とする公務負担軽減策の検討に着手。制度の具体化のため、有識者会議を設置する準備もしていた。
 官邸は9月にも陛下が意思を表明する場を設ける方向で調整していたが、準備が整わないうちに、陛下の意向が明るみに出た。政府関係者は、生前退位が封じられかねないと懸念した宮内庁が意図的に情報をリークしたと疑い、「これで全てどうなるか分からなくなった」と頭を抱える。
 ◇退位、元気なうちに
 宮内庁では13日夜、報道を受けて幹部らが慌ただしく対応に追われた。同庁の「オモテ」と呼ばれる風岡長官、山本信一郎次長は事実を否定したが、同庁関係者によると、陛下は退位の意向を数年前から周囲に漏らしていたという。
 同庁関係者は「皇室典範に摂政の規定はあるが、お元気なうちに譲りたいとの意向があったのではないか」と話す。
 陛下は現在も公務に強い意欲を持ち、精力的に臨んでいる。心臓手術を受けた2012年、79歳の誕生日会見で、昭和天皇が全国植樹祭などの公務を80歳を超えても行っていたことを挙げ、「今のところしばらくはこのままでいきたい」と表明。風岡長官は14日の定例記者会見で、「陛下のお気持ちが変わったとは思っていません」と話した。
 しかし、80歳を過ぎた陛下は、全国戦没者追悼式や地方での行事の際に手順を間違えることもあった。陛下の生前退位の意向を何らかの形で公表することを水面下で検討している同庁は、陛下のお気持ちを尊重しつつ、従来通り公務の負担軽減を模索する一方で、官邸の検討を見守っていく考えだ。
最終更新:7月16日(土)8時33分


--------------


大山鳴動して鯰は逃げた(呆?

誰だよ、生前退位にかこつけて「皇太弟」うんぬんと言っていたのは?
秋篠宮の立場を明確にとか何とか、

朝 日

だっけ?


----------



・何年か前から「生前退位」をしたいと周囲にもらしていた。
・2015年秋までには、宮内庁の風岡を通じ、首相官邸に伝えられた。
・官邸は昨年10月ごろから杉田和博官房副長官を中心に協議。
・内閣法制局や宮内庁を交えて協議を重ね「天皇の即位と退位の自由は憲法上、認められていない」(政府関係者)との解釈。

※天皇が退位の意思を表明すれば、法改正を促す「政治的発言」の恐れ
・杉田氏らは、生前退位を制度的に担保するには「憲法改正か(天皇の意思表示なき)強制退位しかない」と結論。

※強制退位は、時の政権の意向で天皇を退位させることにつながりかねない。

・首相、生前退位の制度化を明確に否定。
・官邸は年明け以降、内閣総務官室に特命チームを設け、生前退位ではなく、皇室典範に基づく摂政や、臨時代行を置くことを軸とする公務負担軽減策の検討に着手。制度の具体化のため、有識者会議を設置する準備もしていた。
・官邸は9月にも陛下が意思を表明する場を設ける方向で調整

・7月、陛下の意向が明るみに出た。
・宮内庁長官、次長は生前退位の意向を否定←今ここ★
 ※「皇室典範に摂政の規定はあるが、お元気なうちに譲りたいとの意向があったのではないか」(宮内庁関係者)
 ※陛下、2012年、79歳の誕生日会見で、昭和天皇が全国植樹祭などの公務を80歳を超えても行っていたことを挙げ、「今のところしばらくはこのままでいきたい」と表明。

・風岡長官は7/14の定例記者会見で、「陛下のお気持ちが変わったとは思っていません」と話した。
 ※陛下は、全国戦没者追悼式や地方での行事の際に手順を間違えることもあった。

・宮内庁は陛下の生前退位の意向を何らかの形で公表することを水面下で検討している
・従来通り公務の負担軽減を模索する一方で、官邸の検討を見守っていく考え


-----------


要するに、アキヒト今生ヘーカは、前から生前退位をしたいと言ってたらしい。
宮内庁から知らされた官邸は検討したが、制度化はせず摂政や臨時代行で負担軽減することに決めた。
生前退位を潰されたくない宮内庁が情報をリークした(と官邸は思った)
宮内庁は、一応否定。
しかし、生前退位の意向を何らかの形で公表することを検討しつつ、官邸の出方を見守っている

------------

うーん、これで行くと、
ヘーカが「生前退位」の意向を持っていたのは事実のようですね。
表明すれば「憲法違反」
制度化すると後々「強制退位」させる場合が出てくるから制度化しないほうがいい。

官邸の出した結果というのは、妥当だと思うよ。
秋篠宮を天皇にしたいから、皇太子さまを廃太子にしようと騒いだやつがいたから、制度化すれば、それこそインチキアンケートなんかを駆使して追い詰めるさ。

というより、アキヒトさんって先の読めない人だね。

自分さえよければいいんだ。
(いや、そういう人だとは思っていたけどね)

人件費削減で追い詰められ、介護で追い詰められ、貧困で追い詰められ、ゆたかと言われる日本でも、裏に回れば問題山積の世の中だのに、

公務は公平に、出来なければ天皇をやめる

一見、ご立派に見える意見を述べたつもりなんだろうけど、公にしゃべれば「憲法違反」

立場上、やたらと周囲に考えをもらすものではないわね、と言っても無理かも。
女房ともども「おしゃべり」で、何かと口を出すじじばばだから。

自分たちはいつも正しいって思ってるんだろうね、困ったもんだ。




昭和25年(1950年)、荒廃した日本の国土に木を植えようという運動を支えるために始まったのが「緑の羽根募金」。
ペリドットさまではないけれど、「ない袖は振れぬ」からw

緑の募金の歴史@rink」を見てみると 

・国土緑化推進委員会結成
・国土緑化推進委員会の結成に呼応し、24県で緑化推進委員会を結成
・趣意書「緑の羽根街頭募金について」を作成し、配布
・緑化運動史上初の試みとして東京都をはじめとする20都道府県で緑の羽根募金運動を開始
・天皇陛下、緑の羽根募金運動に対し、金一封を御下賜
・第1回全国植樹祭を開催、天皇皇后両陛下は「緑の羽根」を胸につけられて御臨席

     

この写真では、香淳さまはそれらしいものをつけておられるけど、昭和天皇の方はちょっとわかりませんね。
ところで、皇族の方が「赤い羽根」や「緑の羽根」を付けておられるのを見たことないんですけど、なぜでしょうか?
 
貧しい時代でしたが、この緑の羽根募金はその3年後、昭和28年には1億円を突破するんですね。

現在の大卒の公務員の初任給はおよそ20万円くらいですか?
当時の公務員初任給は5000円くらいでしたから、単純計算で40億?
とにかくものすごいお金が集まったということでしょうね。

私の小学校時代には、緑の羽根募金は、先生から緑の羽根と封筒を渡されるので、翌日封筒にお金を入れて持って行ってました、たしか10円。


今では、こんな大きな組織になって



  


こんなに多くの人(含む:天下り)を養っていける組織になりましたとさ。
損益計算書の内訳書を見ると、平成24年度経常収益合計が1,144,969,396円、どでかい組織ですね。





 

この社団法人 国土緑化推進委員会を、昭和63年3月に「社団法人 国土緑化推進機構」と改称。
平成7年 緑の募金による森林整備等の推進に関する法律@rink 制定
平成23年 公益社団法人 国土緑化推進機構へ移行←★今ここ

--------------------------------------------------------------

公益社団法人 国土緑化推進機構 定款@rink
附則
 2 この法人の最初の理事長は佐々木毅@rinkとする。

この人学習院大学の法学部教授を経て、皇室典範に関する有識者会議メンバー。

だからって何だ、ということではないけどね。
まぁ、いろいろと繋がりあんのねw



     
 植樹祭でGHQマーカット少将の出迎えを受ける昭和天皇。

どうしてGHQマーカット少将かと言うと、時は1950年、日本はまだアメリカによる占領中であったのであります。
日本国は何とか間接統治にこぎつけていたけれども、国の施策はGHQの了承が必要だった。
ウィリアム・マーカット、彼は1000人以上の要員を擁するGHQ最大部局の経済科学局2代目局長。
財閥解体などをやった人ね。

前年の1949年、GHQ経済顧問ジョセフ・ドッジによりドッジ・ラインが作成され、実施された。
今の借金だらけの日本からは考えられないくらいの緊縮財政。
1949年度一般予算、特別会計、その他の政府関係機関、地方自治体予算などすべてを統括した総合予算で赤字を出さない、厳格な超均衡財政予算が組まれた。

とにかくぜーーーったい赤字を出しちゃいかん、というのは、キツイですね、わかりますでしょ?
運転資金とか、今、ちょっとお金を入れれば、後は何とかなる、なんてことはよくあることですが、それが一切、許されない。
おかげでインフレーションは一気に収束し、歳入超過となったものの、倒産が相次ぎ、官民合わせて90万人以上の解雇が行われた。いわゆる「ドッジ不況」の到来である。

赤字を出さないために、従業員の首切りをやったわけですね。
何時の時代もまずリストラ、おんなじですね。

-----------------------

まぁ、そんな時代ですが、マーカット少将がでばってきているということは、緑化事業が認可されて予算がついたということですね。

7/17の記事の昭和天皇のニコニコ顔の写真@rinkを、GHQにあいそを振りまいてると書いてる記事もあるのですが、昭和天皇としては、やはり嬉しかったでしょう。
再生日本の第一歩ですもん。

  

 

ですから、ただの式典ではありませんよ。

昭和天皇の眉間のしわの厳しさがそれを物語っています。
香淳さまは、どこかで控えておられたのでしょうか、この時の植樹の写真はないですね。
この第一回は山梨の恩賜林で行われました。
山梨で災害が相次いだ時、皇室から山林が下賜されたのです。


---------------------------------



  


これは今年5月鳥取で行われた第64回植樹祭。


 

華やかですねー。
皇后陛下の足取りも颯爽と元気よく、しかも大股でw
(陛下につかまってよろよろとお歩きになる映像は何なんでしょ?)




最新コメント
[06/19 かつ丼]
[06/18 なな]
[06/18 晶子]
[06/18 猪八戒]
[06/18 ソースがあるから怖くない]
[06/17 手白香]
[06/17 射手座]
[06/17 昭和から生きている婆]
[06/16 なな]
[06/16 昭和生まれ]
[06/15 なな]
[06/15 ソースあり]
[06/15 射手座]
[06/15 覚えていますよ]
[06/15 しらたま]
[06/15 射手座]
[06/15 ペリドット]
[06/15 ななお]
[06/15 三田村金魚]
[06/15 12桁の電卓]
[06/15 コピーキャット]
[06/15 奈良漬]
[06/14 海辺の別荘にて]
[06/14 大和三山]
[06/14 大和三山]
最新記事
(06/14)
(06/14)
(06/14)
(06/14)
(06/14)
(06/14)
(06/12)
(06/12)
(06/09)
(06/09)
(06/09)
(06/09)
(06/08)
(06/08)
(06/07)
(06/04)
(06/02)
(05/31)
(05/31)
(05/31)
(05/31)
(05/31)
(05/28)
(05/26)
(05/26)
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1
3 5 6
10 11 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
Mrs Oakley Fisher
性別:
非公開
自己紹介:
「Mrs Oakley Fisher の 台所」の筆頭(あら、えらそうw)管理人が、枕代わりにしている本の感想文を置いています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/14)
(11/14)
(11/19)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(05/20)
(05/20)
(05/20)
(07/25)
(07/25)
(07/25)
(05/01)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/06)
(07/06)
(07/06)
(07/07)
(07/07)
(07/07)
忍者カウンター
バーコード